心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
ファルコオォンンンパアアアァンンンチイィ>挨拶(CV:バート先生)







これ、俺が大学1回生の時辺りにやってた番組で、毎週必死に見てました。
F-ZEROファンで毎週火曜日が楽しみでした(放送日)


ようつべ泳いでたら、F-ZEROファルコン伝説(要はTV版)の最終回の一番イイシーン(というか、作品で最高のシーン)があったので紹介したくなった。


とりあえず最高にファルコン伝説で最も熱いシーン↓






ファルコーーーーンパンーーーーチ!


最終回でこんな演出されるともう感動しちゃうよね(´;ω;`)
バックでOPの曲流すとかさ、テンション昂ぶる。


一応状況、さらっと説明すると…


長年の正義 vs 悪の終止符を打つ最終決戦で、もう最後の一撃で!って所でとどめを刺すために、キャプテンファルコンが捨て身の攻撃!(ファルコンパンチ)
そして初めて明かされるファルコンの素顔(最終話の最後でヘルメットとれます、それまでは一切素顔は見れません)
最強の一撃を喰らって倒されるブラックシャドー「ぶるああああああああああああ(CV:若本規夫さん)」と思いっきり叫ぶ。
それを見るリュウ「キャプテンファルコーーーン!」
そして、ファルコンとブラックシャドーは光と共に消滅し、遥か昔から続いた戦いに決着を付けた。


やばい、マジで最高杉る。
何度見ても最高だ!



ついでですが、その後は宇宙からファルコンのヘルメットだけ発見されて、キャプテンファルコンはリュウが受け継ぎます。



つーかね、なんていうかストーリーというか、キャラのストーリーが最高の作品なのよね。

その前にOP紹介。2種類あります。
個人的には2つめが好きだ。


F-ZERO ファルコン伝説OP 01






F-ZERO ファルコン伝説OP 02





どこがいいのかと言うと、途中で、ブラックシャドー→ゾーダ→ミスキラーの順番でカットインした後、暗転して、ミスキラー(ハルカ)が涙を流す演出に俺は惚れた。
ほんとにF-ZEROは神演出の連続ですよ。


なんで敵意むき出しなのに泣いてるかっていうと、少々長い説明かもしれませんが…


ハルカはリュウ(主人公)の恋人で冷凍刑でコールドスリープさせられていました。
なぜ終身刑になったかというと、リュウが重症になった原因のテロリスト(ゾーダ)を倒しに行こうとするも手違いで一緒に逮捕されてしまいます。
重症のためコールドスリープされたリュウと、冷凍刑のハルカ。

リュウはその後、腕を見込まれて銀河連邦警察の高起動小隊に配属されます。
ハルカはブラックシャドーにより悪の手先になるため解凍される(記憶は無くしている)
物語の後半で、自分が誰なのか思い出し記憶が戻るが、記憶を取り戻すまでにリュウ達を攻撃しまくってたので、今更元鞘に戻るわけにもいかず、最後まで悪人のミスキラーを演じきろうと思い、恋人と戦う破目になってしまう。

そーいう理由でOPで泣いてます(´;ω;`)ウッ…


実はF-ZEROってこんな悲しい恋愛ストーリーだったりで(笑)

一応フォローしておきますが、最終回間際でようやくリュウとハルカは和解し(ハルカのツン解除?w)、デレ発動で、最終回で結婚してキャプテンファルコンの喫茶店を受け継いでいます、よかったね、お二人さん。


他にもキャプテンファルコン(バートさん、アンディサマー)の実の妹のジョディサマーには一切正体を明かさず、視聴者の俺がヤキモキしてましたwwwww



値段が鬼のように下がった頃にDVDで全部揃えたいですね、密かな名作ですから!ファルコン伝説!


あとキャストも鬼の様に豪華で…

キャプテンファルコン:田中秀幸さん
リュウスザク:森川智之さん
ルーシー リバティ:水樹奈々さん
Dr.スチュワート:飛田展男 さん
ジョディ サマー :井上喜久子さん
ジャックレビン:矢尾一樹さん
ゾーダ:辻親八さん
ブラックシャドー:若本規夫さんぶらああああああああああああああ


ほんと、最高でした。
もっかい再放送とかしてくれないかな………絶対録画すんのに…



蛇足ですが、車の運転中に俺にF-ZEROのOPとか聞かさないように!100%ブーストファイヤーしてしまいます(BGMも含む)
危険なので運転中はF-ZEROを与えないで下さい(ry

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/637-67f45d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック