心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
本気の嘘なら、後悔はしないッ!>挨拶





あ、どうも、どんどん積みゲーを消化していってる現代侍のK-suk.yです、どーも。
コロナの影響でゲームの消化だけは捗るなぁ…と言った具合ですw

今回はだいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぶ前に積んでたPSPの【WILD ARMS XF】をクリアしましたので、感想文でも残しておきたいと思う。
(じっくりコツコツプレイしてました)


ゲームのジャンルとしてはSRPGで従来のWAシリーズとはちょっと違うけど内容というか中身は、いつものWAしかりの熱血波乱万丈王道活劇をやっているので安心出来るストーリーでした。

とりあえず早速、語っていくかw


・ストーリー

荒廃の一途を辿るファルガイアで、豊穣の地を探し目指す旅をしている主人公クラリッサとフィアースは、母親の仇であるルパードを追ってエレシウス王国に向かう。エレシウス王国は腐敗してて国王は病気、王女は事故死、権力を握った元老が独裁状態で国民に圧制を強いる現状であり、ある事件を切っ掛けに、エレシウス王女と姿が瓜二つなクラリッサが自分が王女であるという【】を付き、圧政に苦しむ国民を解放するエレシウス王女という偽りの姿で反乱軍を結成し、戦っていく。
やがて、自分が偽物王女というのがバレつつも、事故死したはずの本物の王女とも合流し元老の悪事を追求し成敗しつつも、元老を陰から操る巨悪の存在と対峙する~


みたいな感じでした。
王道展開やから、この展開で十二分に満足でした。
WAシリーズのストーリーに求めてるのは昨今失われつつある【王道】やから、これで良かった。
「本気の嘘なら、後悔はしない」って事やしクラリッサ主観で進むストーリー展開で、自分が偽物ってバレた所とか、本物の王女生きてて合流して一緒に戦う展開は熱い展開でしたね。

とりあえず、ストーリーに関しては満点やわ。



・ゲームシステム面とか…

うーん…ここがちょっと問題なんやけど、恐らくWAXFはちょっと難易度高めやと思うw
難易度高め故にシステム面での幅(キャラカスタマイズ)がだいぶ自由ではあった。
SRPGでいうクラス(今作で言うARM)の使いやすいARMと使いづらいARMの差が酷い(尖ってる)と同時に、一部のスキルがゲームバランス崩壊してて、それ故にゲームシステムわかってる人には良ゲーやら難易度がぬるい、システムと組み合わせがよくわからん人には高難易度になってしまってる感はある。
具体的にどのスキルがどうとか言及はせーへんけど、逆に言えばそれを考える楽しみがあるのも事実やと思う。

レベリングについてやけど、ちょっとレベルは上げづらかったです。
野良戦というかストーリー外でのレベリングはちょっと厳しかったです。
また渡り鳥(傭兵)を雇用出来るのですが…後半は全く使わないです(泣

まぁシステム面をまとめると荒い部分は多々あったけど理解した途端に出来る事が可能になる感じでした。


・キャラクターについて

一言二言言う感じかつ一部ネタバレあるけど、もうええよな?w


・クラリッサ
主人公、嘘が大嫌いやのにみんなを救うために嘘をついてしまった。
個人的なビジュアルは帽子被ってる時か、偽王女の服装の時が好きでした。
なんやかんやで優遇されてて衣装?が4つぐらいあったw
実は本物の王女。

・フィアース
クラリッサの護衛兼家族。
実は別の世界からやってきた異邦人

・ラブライナ
宮廷魔術師、元老の独裁によってテロリスト認定で指名手配犯。
年齢(34歳)を異様にアピールしてくるおばsお姉さん。
戦闘前に毎回戦術を解説してくれる。一番好きなキャラでもある。
魅惑の変身シーン!のセリフはおもろいw

・レヴィン
騎士団団長の息子のマーシャルメイジ。
メイジな割に魔力が弱く防御力が無いが、素早さ上げれば異様な程使い勝手が上がる

・ログナー
傭兵。
エレシウス王国に祖国を滅ぼされたが、色々あって主人公一行と一緒に戦う

・アレクシア
エレシウス王女、事故死していたと思われていたが実は元老によって監禁されていた。
イスケンデルベイが使える。守護獣儀式は失敗。
実は本物の王女ではない。

・カティナ
エレシウス王女アレクシアの妹、姉は守護獣儀式に失敗したが妹は成功。
恐怖と言う感情を知らない故に元老からは失敗作で操り人形状態にされようとしている

・シャルトルーズ
元老の議長、昔の強いエレシウス王国を取り戻す為に独裁を敷く。
死人を操る術を使える

・エグララグ
修道院長、元老。
私利私欲で事態を悪化させた。

・アイゼン
王国騎士団長。
レヴィンの父親。

・ヴァイスハイト
王国お抱えの闇の武器商品。
元老どころかファルガイアの歴史を裏から操っている張本人。
実はフィアースと同じ世界からきた異邦人で、本名はクレッセン。
魔王ベリア・ルゴスを討伐したが心は既に魔王に囚われていて魔王ベリア・ルゴスの後継を名乗りだし暴走。
漂流したファルガイアから元の世界に戻って復習する為に、数百年の間ファルガイアの事を調べARMを開発し兵器を準備してフィアースを探して体を乗っ取ろうとしている。

・ユーリア
フィアース、クレッセンと同じ世界の住人。イスケンデルベイの使い手。
魔王ベリア・ルゴスの討伐メンバーで、討伐隊の生き残りの一人。
クレッセンの暴走で時空に飲み込まれて大昔のファルガイアに漂着した

・メリッサ
クラリッサの母親、漂着したフィアースを保護し家族とした。
ユーリアしか使えないイスケンデルベイを何故か使える。
クラリッサが赤子の頃、王都の国王暗殺未遂事件の時にクラリッサとアレクシアを取り間違えた。
イスケンデルベイに目を付けたルパードに隙を突かれて殺された。


っていう感じでキャラクターも十分に魅力的な登場人物ばかりやと思う。
(全員は挙げきれないのはご容赦)



ここから完全に物語の核心のネタバレありで話す↓

結局、国王暗殺騒ぎの時に国王とメリッサが互いの子供を取り間違えたから、それぞれ本物王女やったクラリッサがメリッサに育てられ、メリッサの子供がアレクシアとして国王の方にいったっぽいな。
ここら辺りがゲーム本編で明確に言及されてないのが面白味が増すよなw

シュトラルゲヴェイア(守護銃)はクラリッサにしか使いこなせない点、アレクシアは守護獣の儀式に失敗し巫女ではない、
生体認証でイスケンデルベイはユーリアにしか使えないがメリッサは使える+アレクシアだけが装備して使える点など…

中々いい仕掛けな伏線やと思うわ、明言するシーンをあえて入れない事によって面白い事になってるいい例やわ。
結局、ファルガイアに漂着したユーリアの子孫がメリッサでその娘がアレクシアやから、ユーリア以外でイスケンデルベイが使えたんやろうね。

他にも国王だけは自分の本当の娘がクラリッサって気づいてたんやろうな、シュトラルゲヴェイアの下りのシーンでもそういう描写やし、何度も言うけどこれいい演出やと思うわ、全体通してw

しかも、豊穣の地
ヴァイスハイトというかクレッセンがチラッと言ってたけど、このファルガイアの先史文明の古代人?の技術で、遺跡がほとんど残ってないのは遺跡は、記憶の遺跡でファルガイア人の遺伝子の中に刻み込まれてて、その欠片の情報を繋ぎ合わせる事で意味を成すデータな様な物…っていう説明があったけど、これ随分ハイテクで面白い事やってるなw
今でいうブロックチェーン技術に似てるけど、かつて存在した遺跡やら技術やらが存在してない理由がこの説明ではっきりするのは面白いし、そんな敵からこの解析したデータをクレてやるっていう魅力的な提案を蹴って自分で豊穣の地を目指すっていう王道展開も嫌いじゃない。
ストーリー終盤のどこかの街の住人の話で、大昔の女性の古代研究科の手帳(資料?)によると~っていうセリフ聞けるんやけど、恐らくこれは大昔に漂着したユーリアの事なんやろうなぁ…と思う。
漂着後にユーリアが記憶の遺跡に気づいて、そこから豊穣の地=ユグドラシルシステムまでは辿り着いてたんやろうかな、そして自分の子孫が豊穣の地目指してるのも熱い展開やなと思う。

恐らく他にもわしには気づけんかった隠された設定みたいなんもありそうな気がするけど、それだけ色んな秘密が隠されてるWAXFの世界観とストーリーは面白かったなーと思う。

唯一確証も何もわからんが謎やったんが、トニーの存在。
ラスボスの恐怖の咆哮を、一吠えでかき消してるんやけど…ひょっとしてトニーが守護獣やったんかもな(根拠ないけど)



・強いて挙げる不満点

ちょっとエピローグからエンディングまでか駆け足過ぎて、ちょっと雑やったかなーと思った。
ほんまにそこだけ、そこだけが気になった…なんで急に雑に…ラスボス倒したら急に雑になんねん!w

まぁそれをさしおいてもEDの内容には十二分に満足やし、フィアースにもぐっときた。
クレッセン俺は守ったゾーみたいな下りは全然嫌いじゃないし、これも王道の特権やなw

最終的にクラリッサはまた渡り鳥として豊穣の地を探してトニーと旅に出て終わりっていうエンディングには納得やね。
見つけさせてあげてエンディングでも良かったかもと思う部分もあるがw

一応…11年後の後日談が電撃コミックで単行本があるみたい
特攻して爆発したロンバルディアとフィアースが帰ってきてハッピーエンドで終わるみたい。
機会があればちょっと読んでみたいな。


・『WILD ARMS XF』 オープニングムービー





・ワイルドアームズ クロスファイア 非公式サイト
http://www.media-vision.co.jp/soft/waxf/




最後に、改めて、やっぱり、なるけみちこの曲ええなぁ…


         _,,... --──-...、.,_
       ,..::'´:::::::::::::ゞ::::::::ヾ丶ヽ
       ,'.:::::: /:~ヾ:: ::ソヽ:::::.i:ヾヘ
       i:i::|::::/./'"'ヽノ'"'ヾ::::::|:::|::iゞ
.     .ノ::i:|:://        i::::|:::|::ヾ
     (:::::|::i::ソ-‐-   -‐-、i:::|:::|、:::)
     /::::|:::|'r=ニヽ  ィ==-、i::::|::!::|
     \i.|:::| '"i:';!   '"i::i,!゛|::::|,::ノ  以上ですよー
     _  ゞ::|  ヾ'    ヽソ |:::::|_
   /  ̄ i::::|j    '    /:::::|  ̄ ヽ,
   !   '"|:::::|ヽ   ー=- /|::::|丶   )
 ,'ヽ-i ,  ノi:::::|-r>、.,_ イi ノ|::::|;;/  ./‐-、
. i i" ~y  /|:::::|ノヘ   /ヘ ヽ |:::::|;;ヾ / ,<
 ヽ!   /ノ:::::ソ "∧__ /ヽ | ||:::::ヽ~ヽ, , ">
  y^ / <:::::::/ / ,-、  ソ i ヾ:::::ヾ| ヽ~ \




                        _ .-――- ._       _
             , -―- 、 _ .-'――- ._ゝ`   `ヽ、iヽ.//´
           ,'       \  _ .-―-`、      ノ l /
            |         Y´        ` ー-‐ '´   /
           |          ',             ̄ ̄二ニ=
            |i        i    ヘ           `ヽ.
            ハ        ',    \                \
            ゝ\  \    ` ーイ   `ヽ、    \ー‐┬-.ヽ.
           \\  ` ._'  ̄ _\.  i、\__  ヽ.  |  `ソ
            ハ \   \ イ´ヽ`Yヽ、 | `「'⌒ヽ`ヽノ  i!
         ー=ニ´ノ│ ,,ィチヌー-ヽゝソノ  | ソ  |  ノ     |\
            │∧j |ゝ'ノ       |  ├ '^ーi_,、   !  ヽ.
            |/   .|ヘ. ゝ      |  ├ 、,、 ノ 〉      〉
                  |  \ -―  xイ|   i^ /: ∧       ∧
               ,i (⌒.\  .ィ´  |   Y´: : :/ \      \
                  / | (´`   ̄〈  /ヘ.  \:./     \      \
              / |  \ー 、 〈 ./ ´: : \.   \,,,.___        \
               ,.'/    //: : : ゝ ‐-、 ,,.・'゙ヽ.   \: : : : `ヽ.       \
        / ̄ `メ     /´: : : : i' /⌒ヽ|,,.・'' ゛\    \: : : : : \        ` ー- .. __
      /` ー┬i´./   /: : : : : : ゝゝ- ',ノ': : : : : : : :\    \: : : : : \             `ヽ
      `ー-、-┤| ,'   /: : : : : //`ー '^ヽ.: : : : : : : : |\   \_: : : \              \
       /  |! |'   ,'_ : .<´ / |  │∧` ー―--┘ 〉 、  〉、  ̄ ̄´



                                                  __
                                                    / `、  `ヽ、
                                                 __./`ヽ.  `、 , '´ヘ、
                                        , -‐ ' ´ ー/ー- .\ Y  , -\
                                         /    , ´/.__  ` ー'´  /  ヘ〉
                                      /       ,' 〈    ̄二ニ=-―'  ̄ ̄`ヽー- ..
                                  _       _ノ     /  |  _<´            \   ` 、
                            /-、_`ニ´ ̄/       /   ゝi'´  \               ',  (⌒ヽ.   〈´\
              _____         ´ /´_..-‐'´         ,'.    |    `             i  \ \   \ \
  ┌ 、      ,.'´_____ ` ヽ.      ´(´/     ノ     i       \                ノ   .ノ\ \__〉_|_/⌒l
  ∠._ \     〈/         `・、|          /    , '´       |      〈\_            / /  (⌒ヽ. >'´ ̄ ̄    ̄ ̄`ヽ.
    \ `ー--イ〉             〈\      (  /       │       |ゝ Y´7メ、    /,/  ,.'´`ヽ 〉'            i
__    `ー― ' ´            \`ー―‐- 、 \(| i       │      \ ゝ し'ノ ` ーメチテ'ー <´  , ‐-〈     _..-――-,  |
`ヽ.`ー 、                     ` ̄ ̄ ̄`・ニ、_\、   i   ',    \   ヽ゛ ¨´    ` ゛〉l   \ ` ー| ┌、 |       , 'ヘ/
 ノ    \                          __\  ',、    ゝ、    `ー-―ヽ    ゝ / ',     〉  ,ゝ、」 ヽ|  ___,  /
´ ̄`ヽ.  \      _______,.-‐・' ´ ̄,二二 __.ノ` ーヽ\,'´ ̄ \    \    __ . /  ソiヽノソ   \ \, ,'´     | /
     ` ー―ヽ=ニ二´____ .-‐ ' ´ ̄ ̄ ̄´          , -―‐-、|     \〉ー┬ヽ   ´,、'´ 7⌒ヽノ       ヽ  ∨      /ソ
                                 , '´    , -ゝ.    / /  /\ `ー‐'´ )/ / /ノ´        ',      i'
                             _.. ' ´_____ `ー\`ー/ /, -┼ 、, -‐―-<⌒ < ./ ̄ ̄`ヽ._    ノ        |
                              `77´ ̄ ̄77 ̄ ̄7 \ / lゝ-' ノ'´, '´ ̄`ヽ,ゝノ.〈ヽ、ー┬=ニニ´_   /         ',
                     _           /    ./ /     |    | |   |  !!     !|´ \  \ \`ー- `)'         \
                      /  `ー―-、,.-‐'´  ___/,/     ||    ノノ ̄ヽヘ ゞー-‐ 'ノ / \,_〉  \,.'´      /\   ヽ.
                    /        /    /´i ̄ ̄´/     ||   , イ´     `ー-‐ '´ /   ,.ヽ     〈         //\\  /
                      `ヽ、       |     l |:    /       |!/´/⌒ヽ、       `ー'´ ''';;/   |    \    //  ;  \〉'
                      ` ー-‐'´ ̄\   ヽ\ /      ´|__ノ|    \    ,. -、   〈    ,'    ,' /)   / /   '  /"
                               \    〉/           l^ヽ ゝ、 , -‐'   ∠__,,\ \/    /´   」〈__/´ヽ'´>


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/2037-ba40aaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック