心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
もうどれが正しいとかそういう次元じゃない>挨拶



金曜日に、中国が関税発表してアメリカが報復関税課した状態で月曜日がスタートで、結果は↓


------------------------

・株式 東証=終値 2万261円04銭

26日の東京株式市場の日経平均株価は、前週末(23日)の終値と比べ449円87銭安の2万261円04銭で取引を終えた。


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000024-mai-brf

----------------------


で、今日の引けの後からトランプ劇場が始まる。。。。。。。。。。。。。。。。


















は?????????????????????????????????????????????????????????


わし、今日リスク管理の一環でやむを得ず最小限のリスクで損切りしたんやけど・・・
(※先物は急上昇し上げの雰囲気)

------------------------------------

・中国が米に交渉再開申し入れ トランプ氏、早期再開に意欲

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)出席のためフランス南西部ビアリッツを訪問中のトランプ米大統領は26日、中国政府から米中貿易交渉再開の申し入れがあったと明らかにした。「中国は真剣にディール(取引)を結びたいと考えている。世界にとり、前向きな展開だ」と述べ、早期再開に意欲を示した。追って詳細を発表するとしている。エジプトのシシ大統領との会談冒頭、記者団に語った。

 米中の貿易交渉は7月末に中国・上海で開かれた閣僚級協議が不調に終わり、その後、双方が報復関税措置の拡大を発表。対立が激化する中、ロイター通信によると、中国の劉鶴副首相は26日、「冷静な交渉を通じた解決」を米側に呼びかけていた。

 トランプ氏は、米政府の交渉担当に中国側から25日夜に複数回連絡があったと明かし「非常に建設的な議論だった。中国は国内からの企業流出を防ぎたいと考えている」と述べた。「彼らが連絡してきたことに敬意を払う。初めて本気で合意を目指す意思を示した」などとも語った。

 一方、中国外務省の耿爽副報道局長は26日の定例記者会見で、米国への交渉再開申し入れに関し「把握していない」と述べた。そのうえで、極限まで圧力を強める米国の手法に「断固反対する」とし、米国が対中制裁を強化すれば「正当な利益を守るため断固とした措置を講じる」と指摘した。制裁には報復で応じる中国の姿勢に変わりはないと改めて強調した形だ。【ワシントン高本耕太、北京・赤間清広】


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000028-mai-int

-------------------------


結局どっちやねんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もうトランプ発言に左右されない所に資金移すか、この劇場が収まるまで外野に徹した方がよさそうやな…






(電話の)真実の見えない世界
善と悪のバランスを保ち
殺すか殺されるかの
ちっぽけな世界なのかよ?


お゛い゛、誰゛か゛答゛え゛て゛み゛て゛く゛れ゛よ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!


以゛上゛!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1909-78cac592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック