心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
ドリームプロジェクト>挨拶




平成最高の1本はクロノトリガーみたいやな、これにはわしも納得です。
発売日にオカンと買いに行った思い出、時間を旅するという斬新なストーリーの思い出、道中のボスで色々と苦戦した思い出、時の最果てという概念の思い出、シルバードがタイムマシンで空も飛んだ時の思い出、、、etc

もうわしにとって思い出だらけの1本やけど今でのやってしまう最高峰のRPGで間違いないし、ゲームの出来具合でも最高の1本で間違いない。


---------------------------

・ゲームファン7100人以上が選んだ“平成のゲーム 最高の1本”、第1位は1995年発売の『クロノ・トリガー』に!


平成のゲーム 最高の1本 TOP3

第1位:『クロノ・トリガー』(230票)
スクウェア・エニックス(当時・スクウェア)/1995年(平成7年)3月11日発売/スーパーファミコン

第2位:『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(209票)
任天堂/2017年(平成29年)3月3日発売/Nintendo Switch・Wii U

第3位:『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』(205票)
スクウェア・エニックス/2017年(平成29年)2月23日発売/プレイステーション4


※ソースから一部抜粋

ソース:https://www.famitsu.com/news/201904/22175124.html

-----------------------

発売当時、小学生やったけどさ、やっぱあのCM見て「やばいwwwwワクワク過ぎて発売日待てへんわwwwwww」ってなってた小学生は俺だけじゃなかったはず。
生まれて初めて家のカレンダーに発売日に〇付けて、発売まで毎日後何日....!とか楽しみに数えてたのを思い出す。


・クロノトリガー (SFC) CM 1995 Chrono Trigger Commercial




このCM見て当時ワクワクせーへんかった小学生はおらんはず。
今見てもワクワクの冒険感に駆られるなwwww


数年に1回はクロノトリガーについて語ってるこのブログやけど、またしても語るわwwww
(恐らく書いてる内容も毎回同じなはずwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww)


まずはタイトル画面の存在感とOPの疾走感。
この2つはセットで見るとさらに最高やなと思う、もうタイトルの時計の音とピアノの前奏だけで震えるw
壮大な旅を予感させてくれるよなーって。
そしてOPの映像と曲、タイトルで壮大を予感させてさらにOPで盛り上げるっていう圧倒的な演出…
OPに流れるあの曲(CMのあの曲やー!と思った当時)でテンション上がるし、え何キャラクタームチャクチャ動いてるし!!!!!!!やし、映像綺麗やし!!!んで、なんかちょくちょく画面チェンジで波の様な音でザァーと変わっててかっこいいし!!!!とんでもないゲーム買ってしまったわwwwwwwwwwwwwwwwww

と、発売日に買いに行って家に帰ってきてスーファミにソフト入れて電源ONにして当時衝撃を受けた小学生のブログがこちらになりまーすw

いや、マジで今見てもワクワクするOPやな↓


・クロノトリガー 「OP」




特に良い所はマヨネーにX切りしてる所、初めて見た時に、え!?同時に攻撃!?しかもゲーム進めて必殺技が連携技になるんはマジでかっこよかったなぁ…
サビ部分のバイクレースの所も曲のサビ部分も相まって思い出深いし…橋の上のアイスソードの連携技部分も衝撃やったな!

OPの最期の所のシルバードが横切って時をかけて終わる演出も今見ても最高の演出やと思う。



SFC版、PS版、DS版と3つもクロノトリガーを所持してるけど、まさかリメイクであの衝撃的なOPがアニメーションでリメイクされるとは思わんかったなぁ…
あの連携技が!!!!!!!!動いてる!?!?!?!?!?ああやってたんか!!!!!なんて想像力が増幅されたわw


・クロノトリガー オープニング PS版



曲がオーケストラver.に変わりOPもドットからアニメーションになり、SFC版と比較して一部演出変更。
個人的に橋の所のジャンクドラガー戦はアイスソードにしてほしかったけどまぁ仕方がないwエックス切りも良い!w

ストーリーはもう良すぎるので今回は割愛w
むしろもう1回ストーリーを経験してこいレベルの良さです。

で、このクロノトリガー、BGMが良すぎる。
勿論、当時小学生で思い出深い作品の1つやっただけに、思い出補正もあるけど、その補正抜きにしても優れたBGMが多すぎた。


まずはシルバードの曲、時をかける翼の曲。




シルバードをダルトンに奪われた時、まさか奪還したらシルバードに翼が付いてて空が飛べる様になってる!!!とか思わんやんwwww凄い衝撃やったし嬉しかったし、空飛んだまま時を渡れるとか最高かよ!!!!!!と思ってました。
始めて始動した時にこの曲流れて、うわーナニコレ!!!ってしばらく着陸せずに空飛び続けたしなw
個人的にこれでラヴォス突入する所も印象深い。

この曲、頭の部分を聞く方が圧倒的に多いやろうが、わし個人的に後半部分が大好きで↑で言う1分過ぎた辺りの部分くらいかな。
ちょっと音が変わって曲が静になる間が前半部分からの流れで好きですね。

そしてこのシルバードの曲、わしの携帯電話のメール着信音として不動の地位を築いておりますw
もう何十年もメールの音はシルバード!
一度、「そのメールの着信音何なん?」って聞かれた事があって、

「あぁこれなシルバードの曲で、メールが時を渡ってオレの所に届いてるからシルバードやねん」

って言ったら相手真顔になってラヴォス化してましたねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
万年中二病クロノトリガー限界末期患者ですまんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwシャイニングぶちかますぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


次は時の最果て。



あの荒廃した未来から次のワープ先はどこや!!ってゲート飛び込んだら、まさかの過去でも未来でもない、最果てやったとは...というのは当時小学生ながら、「最果て」っていう響きに凄さを感じました。時間にも果てがあるんやなって。
おーいっていう言葉が自然と聞こえてしまうがw、ある意味でクロノトリガーの真のメインテーマなんかもしれんな、この曲はw
そして最果てにいるあの老人の正体が…ッ!って所まで、クロノトリガーは最期までビックリさせてくれるなw

ちなみに誰が言い出しか不明やけど、わしの部屋のBGMは時の最果てらしいw
わしはハッシュみたいにずっと寝てないぞ!

ただ今にして思えば、時の最果て…時間の行きつく終着点やけどさ、五次元的な空間やったんやろうか…?
(インターステラー感)


そして衝撃という意味でこのBGMも衝撃やったな

・時の回廊




現代では魔法は無い、中世でも魔法は無い、原始時代は魔法は存在してない、最果てでは魔法は失われてるよと言われる。
なら一体魔法はいつ発見されていつ何があって失われたのか・・・?
その全ての答えがこの曲「時の回廊」に凝縮されてるわ。

原始時代から、あぁー…氷河期迎えたんかこれ…?って思ったら、まさかの「えぇー!!!島が空浮いてるー!しかも魔法の力で!!!!ほとんど魔法使ってるー!!!」っていう衝撃は凄まじかった。
この曲含めて、古代時代が好きすぎる…文明力といいストーリー展開といい凄すぎた。
シリーズ通してのキーキャラクターのサラの登場、魔王が仲間になる、クロノの死、ラヴォスの正体、世界崩壊の原因、思い出深いしこの曲浮遊大陸が崩壊したら聞けない曲ってのもあって、好きな人も多いはず。
正直、この曲好きでここでストーリーとめた人もいたはずw
メインの弦楽器みたいな音も古代の魔法文明感を演出しててまさに古代自体を象徴する曲やったな。



フィールド曲で言えばもう1曲、

・みどりの思い出




ついついみんな中世の「風の情景」の方がっていう人が多いけど、わしはこっちのみどりの思い出が好きですね。
ピアノのメロディーが綺麗すぎる、メインテーマのアレンジの流れでこれをフィールドで聞けるタイミング、実はなかなか無いんよな、この曲、印象含めてw
大抵みんなお祭りすぐ行くから、この曲行くためには町から離れんと流れない曲やから印象薄いんかもな。
個人的には曲名含めてみどりの思い出大好きです。


キャラのテーマとかも語るわ
まずはカエル、みんなグランドリオン関連のイベントで嫌でもテンション上がってしまう程の屈指の名曲。

・カエルのテーマ



まさかそんなバックストーリーがあってカエルになってたんか…
サイラスとのエピソードも面白かったな、勇者バッジは強すぎやけどなw

みんなも定期的に一人でいる時、カエルのテーマ、口笛で吹いてまうよな?w


・サラのテーマ




実は聞ける機会は数回やけど、妙に印象残ってるんよな…
登場した段階でただ者じゃないし、何かありそうな気がする…っていうのを予感させてたし…
まさかクロノシリーズを通しての最重要人物やったとはこの時思いませんでした。

今にして思えばサラが居なかったら、トリガーもクロスも無かったんかもなと思ってしまう。


・ロボのテーマ



これ聴くと妙に元気出るよな。
ロボの優しさやら人柄(?)の思い出補正もあるけど、まさにロボのテーマやわ。

結局、崩壊した世界やから自分というロボが制作されたわけで、ラヴォスを倒して世界が崩壊しなかったら自分が制作される未来も消えてしまうっていう事はロボはいち早く気づいてたと思うんやけど、あえてそれを終盤まで言わない優しさがロボにはあったよな、わしもオイルでセンサーが(ry
本当の名前はプロメテウスで人間を調べる為のスパイロボやったけど製造元のマザーブレーンを倒すとか、中世の砂漠を一人で何百年も一人で耕して緑の大地にしたりとか…今にして思えば荒廃した世界しか知らなかったロボが頑張れば再び緑の大地で溢れるぞっていうメッセージもあったんかもしれんな、それぐらいロボットやのに深いキャラクターやったなーと。
最終的にエンディングで緑に囲まれた未来でもロボは居ましたで良かったなーと思う。


後はタイムアタックを必死にしたジョニー一団かなぁ・・・



かなり異質な存在ではあったけど、存在感あったし、未来でロボットの走り屋は斬新過ぎたw


戦闘BGMも耳に残る名曲揃いやったな

まずは魔王。




テーマ曲でもあるけどなw
この前半の風の音からの急に激しくなるメロディー最高やな…バリアチェンジは今でも思い出す。
そして魔王の魔法の唱え方がかっこよすぎる、なんなんやろなあの手の動き、かっこいいしwwwwwwwwwwww
ダッシュは空中に浮いてるし、ガチで魔法やんっていうか魔王やし!なんやかんやで仲間になるし・・・!

(※アルフに関しては今回はあえて語らない)



・ボス戦




無駄に手に汗握ってしまうよな、この曲。
小学生当時、手強いボス多かったし余計に思い出に残ってる。


・ラヴォス戦




当時、ラスボスの正体というか形相に強い衝撃を受けました…
え…これがラスボス…どうみてもこれ、うt(ry

まさかの本体は真ん中じゃないって所にさらにビックリしましたね…


そしてはやり最期を締めくくるのはこれやな


・遥かなる時の彼方へ




この曲をおいて最期を語る曲は無い。
まさにエンディングに相応しい曲、最高の1曲やし、クロノトリガーの締めの曲。
ラヴォスを倒して世界の崩壊を防ぎ、世界を破滅から救って、今まで時の旅を続けてきた仲間達とも別れ、これからも冒険が続いていく感がありまくりな曲。
密かに中盤から終盤あたりの秒針の音は、クロノ達(プレイヤー)の冒険はまだまだ終わってない、時を刻む様にずっと続いていくんやでというメッセージやったらいいなと思ってましたw



はぁー…ほんま平成最高の1本に相応しい作品やったな。
ゲーマーとして言わせてもらうが、こんな最高なゲームを発売日に買ってもらえて、何回も何回も遊べて、ある意味伝説となった作品の一つとして経験出来た事はゲーマー冥利に尽きると思った。

改めてクロノトリガーの制作関係者様、買ってくれたオカン、サントラ買ってくれたオジサン、そしてクロノトリガーを通して知り合えた出会いとエピソードに感謝!


時をかけるソフト

以上!

一応リメイクのEDで無理やりクロスに繋がる補足の映像入ったけど…





                 ト、
                 l \
    < ̄ ̄``ヽ、     .l   \
      >'´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、|    ヽ    __
     '-‐―、- 、       |      i  /  /
          〉 \           v'   ∠____
     / ̄ ̄ ̄ ̄ \               /
   /                      <
  ./ _,. -‐-イ                    _,.>
  レ'   /     __     ,       <´
     /     ∠_   ̄|  r'ー--、_  \ .\
     |   .,ィ' .,ヘ、`ー-/ ∠____\  ト、  l
     | ./.l .∧>、> _,!∠ --┐!へ/`:l / \|
     レ' /,レ'::,:ト、(}  `Z´(::}「´ __,ノy'´レ'.  ̄ ̄,ゝ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      く:::/:::::/.ハ ∠_,  ̄` .イ  /__/   /
       V::::::::| | \_ー __,∠.ノ」_iL___/\
       \|:::`ー、   ̄   ̄ >-、__):::::::::::::::::::\
       /|:::::::::::\___/| i \::::::::::::::::::::::::\



 i    `ー--‐'´ ̄ ヽ i .l⌒ヽ )
 ヽ、`ー--‐'⌒ヽヽ i   ノ  ノ'
   >`ー--‐'´ノ丿ノ/
  (⌒`ー--‐'´「 ̄ ̄ヽ
  ヽ      」,.-┬‐┴‐- 、
        /   ! i \\\
       / / i ノしvへ ヽ ヽ. ヽ  、
     / / | l ⌒/!⌒V^   i i  i  iヽ
    i. l l | i.//   i   l .| Lノ.ノ
     | ! ! l 〈〈__ | | i  ! !.┌''´
    l i i.r‐'7/`ー'' ̄| r┴、 ャ‐‐メ-‐-、
    _」f:^i ! { ト.、   l !  ヽヽ∧   }
    ⌒{てjノ ヽ!ト、\ jノ  ,.ィ7}.}jノ / | ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     `ー,ヘ.  {::ノ..「   イ:ノ/jノ ,.ィ'´ |
     / l \ "゙゙゙  __ゞ゙゙/ / .|__|
    ./  `‐、>、_ {/,..イ /.、\「__|
    i      ̄  ̄√7 |`、\| r-、_ヽ
    |.    \i   .|トイ-‐'| \|ノ几[]〕
    .ト、    ト-‐'´|l/  ノ `‐、[ ト、l凵l\
     |∧    |  ノ  /    \:::::\::::::\




            }',   ///7///////////}/////////}///ハ
            i i /、// |///////  -──      ̄ ̄ ̄:`Y‐-、
            }=ヲ  \_> ' ´    γ Y   r 、  .Y ハ  |、〉 ',
            _jィ 。',   , 、   ◯   弋__ノ   ゝ:'  ゝ-'  }   }
             〃|  |。'   ゝ:'    _,.. --=ニ三三三三三:7  ,../
            { |  |。',  _,. -=ニ --: :  ̄:.7  〃:|: :|: : |:.:|:.|/:/ヽ
           ヽj __.} 。'  {::r:.:|:.|: : :|: :i|: : :.|{|  , ==リ}: |:_: |:.:|:.|: : :/: : : :.> 、       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            i    ', ',::i :|:.|: : :|: :i{Vヾ{ __〃 , ト、 キ {. }:}|:.|: |:.i:. : : : : : : : :.> 、
              l  ___ .', ',Lz-┬ i{_,ハ  }}={| ハ::i:} i= !}:}': |: |: ',::::... : : .::::::フ´.:: ヽ
            ∨{iヾ ,= ',::'  L. 辷リ  j:'  :, 匕´ ̄ 7/ : | ̄`ー-、:::::≦: : _: : ∧
               ヽ>`_<:',:\      〃 i:.ヾ、___, イ: : |:|     _}: >'´: : : : : ハ
              \:::{ ̄` =>`ヽチ´ ー '    ,.イ´ }: リ', -‐v≦: /: : :/: : .::::::::::/
                 `ヽノ_/ー‐ '- .     . イ  >-、 Y=、 ',: :/: :/: : : : : >'´
             >=ニニニ}--、 /   ≧=≦   / / {ノヘ ハ !:':/: : : :>'´
             { y´:>x \   ,-!     /フ´7  /  },  ヾ , |:': :.>'´
             {/: : : : :7ヽV  У { ̄  ' ´ ,..{  '  /V:、    ,!'´
             ∨::/: :∧ ∨ {  |>----:≦:7 i   ./ ∨≧x V
                 ∨: :/: ∧ ヽ_j  | \   \/ |  /   ヾ::::i \{
                 }: :.': : : /ヽ- __, ∨ ,.ヽ ./   | /     i:::j
              {: : : : :γヽ T=-- V   〉′  |'      |::|


                    > ' ´ ̄`ヽ
                 ィニ/   >-ヽ、-\______
                   7// ',__/     ヽ. \//////////∧
          _, -< ヘ     {:r= 、   x....ヽ    ', >'////////7/ |
       人 Y iィ:ハ.ィ' ̄弋.ノ.ヘ__,ィ⌒Y _,. -チ'´>-=-、/l|//i|  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      j_Y::V::j::斗 イ\ヽハミ----ゝ '彡ィ´ィ   /./    ヽ/iiリ
      ト、::彡'-:ノj´  >- 、ヘ=i キ==={(:::::ヘ  i .i {      ∨
      |>--- イi }  .! i::Y } >ty< ヽ::∧_ '., i l o  _ >∨
       乂   .イ..> ':| |::7 '   l:l:l   〃 i:::ハヽ ヽV> ´. -‐'´
          ̄     i|..' /  ol:l:l o  .k  ー ' ノ  `ヘ_ ,...V
                  | V  γ/./>x   >-<   /、_   ヘ
               /ヽ、゚ ゚ {-{|ニニ= \_,。...゚-‐/->'´ ヽヽ   7
           x<::::::::::???', ', ニニチ 7√i:::::{:::{__,.ィ ハ', /
         イz__;::::<::| \V', == ィ/  V:弋i__,.ィ 7 ,′
        T´ー--t    _|::| |:::::>-<:::::| 〃>ヽム--イ イ
          i     j-≦   ヽ |:::::::::::::::::::::::l {{    ム:::___L_
         j、  /   V   .ヘ::::::::::::::::::::リ ̄`` t={゚     i
       7    ,ィ=x !     \:::::::::::/    | ',    イ
      ,.ィ`ヽ\i r- Vハ     ヽ イ    /ヽ ヽ、_ イ ト、
     /    ヽ V__ / _j               {  i   ___ i: }
   Y       /ー <            弋_ jイ,.:ニニニ=Yj
     ̄ ̄ ̄ ̄                  乂V     i
                               l       l
                                l     l
                               > 、_.ノ



                r< ̄ >'´⌒ヽ_
              __ 7   ,-    _  ヘ
            / rヘ!  i // ̄`   Y ! /
           i  i 乂_ , ┴─ ,.-- 、Y ノノ _ ̄ヘ
            ト ヘ_./   / /ヘ |jイニ=-、  Y ∧
           ヽー _/ ' /  7ヾ`亠z_ ヽ  . | 7 ̄ 、
                Tー{ | {  i|     キ=,ヘ ,.-、 ー' i リ   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                `ーV乂ヘ  {',   _,. z =ハ V__, }jV< ィj        ィ==x______
                   { T ハヒュ-キTゞィ  y、ヽ、 ィ ├__∠__,....... イ::::::-:'::::::::::::::::::::::::∧
               >-ミ∧ /     , tイ ヽ-t<  ヘハ:-:‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ
               _,.x-r、/〃>¨´ . ィt__!:'.i !V i   ) ノ j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__/
            r--- <ヘ i | ト_i ̄::::{ト/: :i  ヽ___ノノリ ̄:、:' 〃K----─   ̄ヽ__ノ
         {iハ::::::::::__,. -j ,イ┬ィ {: : : ー: :>-<_: :ハ '、__ノj
         ≧7: :ト、_jハ r' /   ヽ: __k<: /  ヽ:.ト、__ノ
             {: : : : : : : :|.ィ ..:'  〃´   ,イ: : : /    \j }
             L_: : : : : :/ / ̄:ー:< ̄7: : : / r-:、    \
          7 ̄ ̄ | (: : : : ::{; : : イ: : : イ: : :y |:.\     ヘ
          {    ,j ,.ヽ__: :<: : : :∠_: : : :/_,.|: : :.i>     〉
           \__ <. (_: : :<_: : : : :∧ .jィ:ー、  . '
                 └i´ ̄ ヽ- z_>'Y/: : : : : :ヽイ
                  |  ',    iィ´ `ヽヽ: : : : :.|
                  |  :'  __//..ィ'´,;  V: : ?
                 〃:!_  ,.イ/ ̄:´ ̄Y-t__/: ∧
                 K: : : ̄:/: : : : : :/ヽハ  V: : ∧
                 i: : : : : :,.: : : : _ イ `ヽ:ト、  V: : : ヽ
                   /: ー‐<: : ィ/,:       !ヽi  ヽ: : : : \_
                |: : : : : >: : :|:'      ∨j   i: : : : : : : ヽ
                k: :i- '   ヽ!         i   ヾ: : : : : : :∧_
                 V !      ::|       |    ヽ: : : : : : :ハ


          ヽ、ー- _
             >x  ≧ x _
                    >x.,   ≧ x _
                   >x,     ≧ .x _ __, -、__
                      > x __,ノ //7Zx<
                            r<_,..x__7y.i__j>x___
                       ___   ̄ __ ``ヽt:>x__i'~ヽ
                      /‐ヽ V_〃 ,-i、   Vi Y:::卞,´
             ,xニニx    , ィ{ゝ': :i  ! ヽヽ {0: l    .!:i j:>iッ   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            /イ: : :ヽヘ  /r'ソミ=イ ‐'-、 ', ヾ,イ'、-、,-.トz!  ∨
           / /: : : :x_,、_ム !ゝ' /t- 、ィ=  ヽ_  j, ト、//i/  〃>-- _
          j .j: ==<:::Vj::〉>'ィ-  V〃ー- 、_  , イ`ヽj7   ,イ////////≧x
             l .l: --j::-t'-:7/:i,-x.__ ∨: : : : : :.i7/イ/\.イ //////////////\
          | .|:_/>-ニニzj: ||〈///∧ヘ: : : : :///////i,.イ/////////////////厶
           .| .l|::O,-<ニ>イ |////厶,ニニ彡'/////.//////弌//////////ニ//∧
      ∧  ハ V L__i    _,i/jr'y/ニ///////又'-イ|//ji´  V//////   ∨/ハ
      !j厶x__', ∨  ヽ-<!/ソヽ-イヽー<ン r、  8.i l//リ _ ヽ---'       |//j|
      {//////j∧ ヽ    ////j  0     o ゝ  ンイ/イィ! .il!i             l//リ
       ∨//////>x _ノ///j       __,. -<>---t.ハij            |//
      ``ヽ>'   j////>': : >-ttT::{ニニ}ニ</ / //  |>'´          j/
               ̄  {: : : : : /Lx:.ヽ,>< _,.イ /.{_j' / |
                    |ヽ: : : {>_ソ -y<  '// >〉 .i__,.j__
                   >xz≠´  _, - =イ _>'´ .イ´   >--t
                  /   .〈/      ..イ    V >-≠  .7
               `ー< .l    zイx___   〈.i:::::::j   /
                   {   /i j  |:::∨    j::::ノ  ./
                     V __ニ彳イ ノ::::/     {〃  /
                     ``ヽt':::::::::{      ゞ- '
                        V::::::::i
                          {:::::::/
                          \j



         _ryi__
        _从小く_
       / `! i リ´ \
     / (・) `'′ (・) ヽ <いや誰かなんかコメントしろや!
      | __ ‥ __ | <あえて言うとリメイクのED必要やったって?
      |ト、_ ̄ ̄_ノl | <クロスちゃんとやってたらわざわざ繋がってる示唆必要ないよな?
      ヽァ_( 〔 ̄〕 )_〈ィノ
        └'^U U^'┘








                      ,. -―‐ 、
                  /: :\    \
             , -―く: : : : : : \     ゙ 、
          / / / ̄> 、: :ヽ    ⌒\    平成最高の1本に私が【ヒロイン】で出演してる
          V / /  / /l   } ̄}  \    、   バハムートラグーンが選出されてるのか気になる所ね...
           { | | // ゙、`¨’ ノ⌒\ \   ;
.             Ⅵ、| {/ ∠ミ `¨\\_    )   i
               弋_ゝ Vリ >    ̄フ¨ヽ\  ノ             ___
               ∧ ¨´    rイ  \  、⌒\          /: : : : : :/
                / ∧      { ○ /l ) }   }        /: : : : : :/
                  { { `-イ´   /¨¨{ `¨ / / /        (⌒\ : : /
             乂/⌒ヽ__/    乂__ノ //         /\__ノ ̄
                 / /      { l   \  ̄       //
.              /   ∧ __,ノ __ ,人    \       //
          /    /   }     / \   /     //
        _ /\   /   /¨¨フ¨¨不、\.\/ \ __//
    __ ―ヽ ノ / \/  /  / / /: :ヽ ∧ \/ヽヽ
  ⊂二、  /{_)       /  / / /: : : :∨∧  (ヽ  ノ
      ) /       /  / / /: : : : 八  }// ¨’
       ∪       \/  ./ /: : : : /\\>
               \ ./ /: : : :.:/>''/
                 ̄′ : : /! /
                    {: : : :,イ l
                   }: : : :i: : i、
                  /|: : : :i、 ∧
                 //|: : : i ∨ ∧
                //  |: : :.j  ∨ ∧
               ∠/    | : : i   ∨ ∧
.           ∠/     _|: : :{   く\〉 〉
          (_ノ     / \_∥   >イ \
                   |_____∥    }/  ./}
                   /   }    / /} /
               /  __,/   / /  .{」
                 {   /   〈__/
.                乂_ノ

え?トラウマ過ぎてないでしょうって?そんなまさかw
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1873-ec2584fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック