心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
エーセーリーアールーの風ーがー>挨拶




あ、どうも、写真の編集作業中という言葉に逃げて、ブログの更新を怠っている現代侍のK-suk.yです、どーも。


日経がついに24000超える展開に…しかし大丈夫かいなこれ


----------------------

・日経平均、バブル後最高値圏で推移 一時400円超高


 28日の東京株式市場では日経平均株価が上昇し、一時今年1月につけた終値ベースの年初来高値を上回った。1991年11月以来、約26年10カ月ぶりの高水準で、バブル崩壊後の最高値圏で推移している。前日比の上げ幅は一時400円超に達した。米国の利上げが進んだことから、東京外国為替市場では一時1ドル=113円60銭台と、昨年12月以来約9カ月ぶりの円安ドル高水準となり、輸出関連株を中心に買われた。午後1時時点は前日比356円56銭高の2万4153円30銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は20・52ポイント高い1820・63。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が26日に利上げし、米ドルの金利が当面は高水準となることが鮮明になり、外国為替市場で円安が進行。前日の米国市場でダウ工業株平均が上昇したことも日経平均の値上がりを後押しした。午後には一時、今年1月23日の年初来高値を上回る2万4286円10銭をつけた。終値まで高水準が続けば、2万5000円台をつけた1991年11月以来の高値となり、バブル崩壊後の最高値となる。

 野村証券の田之上章氏は「中国政府が所得減税を発表したことで、中国株が堅調に推移すれば、日経平均はさらに高値となる可能性がある」とみている。(新宅あゆみ)


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000036-asahi-brf


----------------------------------


自民総裁選の安倍総理勝利確定路線からの、9/25配当狙い需要で上げるのはわかってたけど、26以降は配当売りにかこつけて売り優勢と見てたけど、ドル円の影響と日米貿易が、市場の予測に反して悪い方向に転ばなかった事から、外国の買いが入って、ついに24000超えてしまったという状況な印象。

意識されてた24000の大台は乗ったけど、なんか恩恵受けたりとか生活変わったとか、特に日本の様子というか好景気感無いまま高値に突っ込んだ気がして、ちょっぴり警戒してるけど、まぁなんやかんやで爆益なんで、もはやそんな事考える必要もないかもなw


目下次は11月の米選挙でどう動くかは気になる所やし、米中貿易戦争で今は中国一人負け状態でどう転ぶかわからんけど、日本人が好景気を実感できるのはまだまだ先な気がするし、むしろ好景気の残像だけで、実体経済は伴ってない気がするんよな。難しい所。





わしも、エセリアルの風を感じられたら、次の一手見越して大きく仕込む算段ではあるw


以上。


こっちのmix版もすき

Lost Child - Wail of Soul Clubsound remix




まぁ、どっちにしても、10月からは慎重になってことだってばよ!(突然のNARUTO)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1826-14245e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック