心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
えー、ご結婚おめでとうございます>挨拶





というわけで、源の結婚式行ってきた小感想文というかレポですね。
場所はちょっと遠かったです、八坂の方でした。
坂道が中々でした。

普段の運動不足が祟りましたが…今回は筋肉痛にはならなくてすみそうです(日頃のウォーキング効果)


今回は、映像作成係でもなく、準ビデオ係でもなく、単純に【参加者として行きました。
結論から言うと今回はあまり写真は撮らずに久しぶりの気楽に参加スタイルやったんで、ほぼほぼ参加したその場の記憶を留めておくスタイルで行きました(自慢の記憶力メモリの久しぶりの活用)
写真を撮る事に必死過ぎて場一度きりの場を楽しむ事、をここ最近は疎かになってなぁと自分の中で思ってる節があったんで今回は良い機会でした。
写真を撮って見返して二度楽しむ事も楽しみ方の一つですが、やはり一番は写真を撮る前に場を楽しむ心意気が大事やたったんで、今回は大いに楽しめました。

と、少し謎の哲学風な参加の心意気を書いたが、言い換えれば写真を撮るのをサボったとも言えるのでやはり、俺の二律背反っぷりを発揮してましたwwww

人物写真はほとんど撮ってないんですが、顔が写ってる写真をあげるとプライバシーの観点からよろしくないので、支障のない範囲からいくつか。


看板1


看板2


式は午前10:30頃から15:00辺りまででした。
東山勢は俺、エイリ、フジイちゃん、ボブ、タカノリ、ゆきおでした。
ある意味で中一からの付き合いのある面々ばかりですね(東山勢にしかわからんネタやがねw)

一応、源とのエピソードとかを書くと…源との出会いは中1、東山勢ですね。
中1でクラスが一緒でした。名簿も近かったし入学して割とすぐ仲良かったなーと。
通学路も嵯峨野線からの二条等、かぶってた部分も多く朝はほぼほぼ一緒でした(記憶によれば源は初めは93番のバス通から電車に変更に)
源はかなり勉強が出来たんで、特に宿題とかわからん所は大変お助けいただきました(頭があがらんわw)
たまたま家が近所(俺の認識範囲で近所、実距離にして京都西郵便局ー高雄までの距離)やったんで、割と遊びました。
確か初めて家に遊びに来たときは、今はもう無い建物ですが、嵯峨ニックの駐車場まで自転車で源を迎えに行って、そこから家まで自転車2台で山越えの坂を登って家まで来てもらったなぁとw
スーパー記憶力によるとこの日の天気は曇りで、一瞬だけ小雨以下の小雨な雨が降ってました。

山越えを自転車で二人して登る最中に源が「ええー、こんな所、人住んでるん?」と言われたのが非常に印象に残ってます。そして住んでますごめんなさい。


こんな感じの出会い+初来日エピソードまでガッツリ覚えてるぐらい一緒に遊びました。
特にこの当時は、64が大ブームで4人同時に遊べるという画期的なゲーム機の登場で、家で遊ぶときは欠かせないゲームでした。
マリカー、ゴールデンアイ、スマブラ、マリオテニス、マリオパーティー、、、etc
みんなで騒げるゲームのオンパレードで俺の家も聖日(寺にお参りだけしてその日は学校終わりなボーナスタイム)とか土日とかで大騒ぎで白熱の戦いを繰り広げてました。

ここらは俺の所感での話やが、恐らく源の性格は負けず嫌い(良い意味で)なんやろうなと思うわ。
というのが象徴出来るエピソードがあって、、、

ゴールデンアイが源の中で相当ブームでドハマりしたみたいで来る日も来る日もゴールデンアイで対戦して遊んでたわけなんやけど、問題点があってこれは俺がFPSの立ち回りがうま過ぎた、というより、率直に言って源が下手過ぎた(笑)
その原因もわかってて、まず、源はゲーム機をもってない所か、ゲームをやったことがなかった点が一番大きかった。
ある意味で今までゲームやった事ない人がいきなりゴールデンアイ、FPSなんて慣れるもんじゃないし、操作も立ち回りも難易度が高かったやろうなw

俺は今まで様々なゲームで激戦を繰り広げてきたし、経験値もあるし、そういう意味でアドバンテージがあったし、言わば初心者vs猛者の構図が出来上がってました
当然いつもゲームで対戦して遊んでも、順位的に1位俺、2位エイリ、3位or4位源という結果に必ずなってしまうんやけど、それはそれで毎回楽しく遊べたしよかったんやけど、そんな中で事件は起こってしまった。
(これは余談ですがエイリとは俺と対戦しすぎて気づいたらエイリ自体も猛者になっていたという…なんとも言えんオチ)

いつも通り、俺、エイリ、源で遊んでたら、そろそろ帰宅時間になって、エイリは宗教上の理由()からバスやったのでバスで帰り、源は比較的近いので(フルスピードで20分程で帰宅可能@下り坂なので)、エイリよりもう少し遅く遊べる状況下にありました。
で、当然そのままゲームして遊んでたんですが、対戦である以上、まず俺が負ける事が無い…で、先のゴールデンアイを取り巻く源のゲーム環境、ゲーム未経験、友達とゲーム上で対戦できる楽しさと同時に勝利する快感、そういうのが相まって相当源の中で白熱してたんやろうな、本来なら16時に家を出る予定が、、、(17時から塾やったみたい@後日談


源「勝つまでやるわ」


となってしまい、家を出る時間がズルズル伸びてしまい、気づけば18時まで戦ってましたw
俺も対戦、わざと負けるなんて勝負の神に失礼な事は出来ないので1戦1戦真剣に取り組んで、源を倒し過ぎた結果、源も「あーwwwwもう!勝つまで行くわww次行こwww次は勝てるからッ!」となってしまい、、、、塾が…


となってしまい、その日は結局18:30~19:00頃まで戦って、結局源がこれ以上は時間的にヤバそうやと折れて急ぎ足で帰ったけど、その後、源のオカンに無茶苦茶以上の無茶苦茶怒られたらしいっス。


今となっては笑い話のカワイイエピソードなんやけど、この話、今にして思い返せばやっぱり源はスゲーんやわと書いてて思ったわ。

勝つまでやる】これって結構続けるのが難しくて強い意思がないと必ずどこかで折れるというか妥協してまうよな。
源はこの【負けず嫌い】、言い換えれば【勝つまでやる】をゲーム以外にも応用してるのが凄いわ。
具体的な応用先として主にそれが勉強にあててること、勝つまでやる勉強、そら努力型で賢いはずやわ(脱帽)
この勝つまでやるの精神で大学院まで行って、裁判系?の仕事(主に都道府県に対しての行政の訴訟対応の事務)まで行くわwwwwwその合間を、勝つまでやる精神をバックボーンとして見るに、血の滲む努力と継続があったんやろうなと、垣間見る事ができたわ。


今日、結婚式で万が一、無茶ぶりスピーチで当てられたら↑のエピソードを言うつもりやったんやが当てられる事も無かったので、今回はこのブログの方に書いておきました。
東山勢が結構このブログを見てるらしいので、ここで書いておいても問題ないかと思いましたw


そしてこのエピソードに関して、締めくくりの勝つまでやるとは別で謝罪の笑いエピソードも交えるつもりでした。
謝罪というのも源本人ではなく、源のオトンとオカンにですね。
何を謝罪する予定やったかと言うと、努力型の源に対して、無関心やったゲームで遊んでしまった結果、源がゲームに興味を持ってしまい、塾をサボったり、勉強をせずにゲームをやってしまう(というよりのめり込んでしまう)結果、源がオカンにゲームをやりたい欲、ないしはやり過ぎで親子喧嘩を誘発する直接的原因と状況を作ってしまった責任を非常に感じておりました。
この場で申し訳ないと表明しとかんといけないと思いました。
こればっかりは絶対オレのせいやわwwwwwwwwwwwww自信あるわwwwwwwwwwwwww
そら、ゲームあったら勉強が疎かになるわ(体現者の重み

家で初めてゴールデンアイやっちゃって、ドハマリして64とゴールデンアイ買ってしまって、ポケモン金銀ブームの影響でGB買ってしまって、そのままテリモンブームでドラクエにはまっちゃって、そのままPS買ってDQ7発売しちゃってそのままドラクエカンストするまでやっちゃって…


これ明らかに俺の責任やし重罪やろ俺wwwwwwwwwww



処罰しろ所か処罰してくださいお願いしますレベルやわ。
そういう後ろめたい気持ちもあって、源の両親に詫びを入れるいいタイミング、謝罪話笑い話に変える絶好の機会かなと思ってたんですが、やはりそこはヘタレの侍なんで、結局言うに言えずでした。

改めて、この場でアホなゲーマーのせいでゲーム機買わせるハメになって申し訳ないです。。。。



しかし、その話には今日さらなるエピソードが後日談として追記されました。
↑の内容を戯言の様に言ってたら、何気ないタカノリからの思いもよらない一言でこの話が綺麗にまとまってしまった。


源は、同志社大学→(中央大学?)→立命館大学院→国家公務員→近々総務省に
という軌跡を行ってるんやが、今回の結婚相手の方とは、大学の頃に出会ってるらしく、たまたま同じ法律研究のサークルでたまたま同い年で、たまたま誕生日が一緒というミラクルが発生した縁での出会いからの結婚に至ったみたいなんやけど(プロフの紙に書いてあった)、タカノリ曰く…


「もしK-suk.yと一緒にゲームやって影響受けてなかったら、源はそのまま東大京大とか行って、同志社でこの二人が出会わんかったわけやし、謝罪は必要ないで、むしろ誇りやで


と言われ、わしは救われたました。
救われた所か大いに救われたし、今日少々後ろめたい気持ちがあったけど、そんな気持ちは消し飛んだし、むしろ晴れ晴れした。

やっぱり俺はゲーマーなんやし、ゲーマーとして何も間違った行いはしてないし、みんなで楽しんでゲームした結果こういう縁に結び付いた可能性がある...それがわかっただけで良かった。

※ちなみに反省してないゲーマーが結婚式の参加の手紙を書くとこうなります。

出席の返事をファルコンパンチ奴www

ゲンがスマブラではC.ファルコン使ってたんでファルコン押しにしてみた。
勿論中学生当時、みんなで対戦してたスマブラで混戦の状態でファルコンパンチが出せる状況が無い中、源が必死にファルコンパンチ出そうとしてて、ファルコッ…ファルコォ…ファルッ…ファルコンッ…とみんなから攻撃を受けて技が出せない場面が非常に多かった思い出があるんでそれをリスペクトしてファルコン押しでした。



だいぶこじ付けなオチが付いたけど、、、この源の一連のわしの中で長年思ってたエピソードにちゃんと決着付いてよかったわ(自己満足やがなw)
今までは俺だけの源エピソードやったけど、今回でこのエピソードは開示と致しました。



お返しの品


これがお返しの品です。
パン入ってたわw
鰹節もあったんやけど、目を離した隙にオカンがさっさと鰹節コーナーにしまってしまいましたw
ちな、今日の晩御飯はこの玉子スープでしたwwww


という所で源の結婚式感想文はこの辺りとしときますかw
そろそろわしもタイプするのが疲れてきたわいw


というわけで改めて、源、ゆかりさん結婚おめでとうございます。



以上!


追伸:いつも思うんやけど、式で撮った写真やら動画やらみんな後日どうするんやろうな?
やっぱ一か所にまとめてからの、配布の形か?(いつも通りやが)

え?ライン?
いや、ラインやってないし(怒)

今回、まとめる事で、もしかしたらのもしかしたら作業が発生しそうで少々怯えております。
エイリのやつですらようやく進捗7割やぞ、まぁもしかの可能性に怯えるのはまだ早いかw
データの受け渡し方によるなw


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
招待状返信のファルコンパンチのくだりで爆笑した(笑)
2018/03/05(月) 21:21 | URL | エイリ #JalddpaA[ 編集]
>エイリ #JalddpaA

俺もお前も、源のファルコンパンチキャンセルの共犯者やぞ(笑)
ただ思う事は、そこは素直にファルコンキックでは?と思ったw
2018/03/06(火) 11:59 | URL | K-suk.y #grGQ8zlQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1798-2bfb4b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック