心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
もうすぐやん!>挨拶






8/31からやぞ~!
もうすぐやぞ~!
楽しみやぞ~!



・「バトルフィールド1」で第一次世界大戦の戦いを感じてきた


今年5月の発表以来、話題を集めているElectronic ArtsのFPS「バトルフィールド1」のオープンβが8月31日に決定した。gamescomでは、OBTで実装される「シナイ砂漠」マップで、英軍を主体とした連合軍と、オスマン帝国を主体とした同盟軍の戦いを堪能することができたのでインプレッションをお届けしたい。なお、EAに招かれて「バトルフィールド1」を試遊していたDetonatioN所属のプロゲーマーDustelBox選手にもプレイ後の感想を聞くことができたので合わせてご紹介したい。


 上記gamescomトレーラーで描かれているシナイ砂漠は、最大64人対戦に対応したマップで、砂嵐が吹き荒ぶ広大な砂漠地帯に、英国が誇る世界初の戦車Mark 1をはじめ、複葉機、装甲列車、騎兵、重装甲のマシンガン兵などが入り交じる独特の戦場となっている。ちなみに砂嵐は常時吹いているわけではなく、「BF1」独自のダイナミックウェザーシステムにより、ランダムで吹いてくる。砂嵐の発生によりスナイパーライフルを使った遠距離攻撃は難しくなり、騎兵や装甲車による突撃が大きな効果を発揮するようになる。

 Mark 1を擁する英軍に対して、オスマン軍にはサーベルを手にした騎兵や、中世の甲冑のような重武装をした警戒兵などがいて、両陣営で微妙に兵装が異なる。ちなみに火炎放射器兵、警戒兵、対戦車兵は、エリート兵科と呼ばれ、戦車や戦闘機と同様に、アイテムを獲得することでクラスチェンジする。

 そのほかWWIらしい武器としてはガスグレネードがある。素早くガスマスクを被ることで被害を最小限に留められるが、スナイパーライフルを構えたままだとガスマスクを装着できなかったり、警戒兵は厚いアーマーを装備している代わりにガスマスクを未装備でそこが弱点になっているなど、細かいところがこだわっている。また、リスポーンポイントによって、戦車や戦闘機が選べるようになっており、タイミングが合えばそれら兵器に搭乗することができる。

 とにかく戦場が広いので、輸送車や装甲車に乗って素早く移動しながら敵を見つけていく展開となるが、どんなに気をつけていても、複葉機の爆撃や戦車の主砲に狙われるとひとたまりもなくやられてしまうのはいかにも「バトルフィールド」らしい。相変わらず危険を未然に察知する戦場の嗅覚のようなものを必要とされるゲームだ。

 ゲームの後半にはトレーラーにも搭乗している装甲列車ベヒーモスが戦場に現われ、戦場を引っかき回していく。ベヒーモスは堅い装甲に強力な主砲を装備し、あのMark 1ですらひとたまりもない。物陰から対戦車ライフルで狙うか、複葉機で爆撃するぐらいしか対抗手段がなさそうだが、しっかり第一次世界大戦を感じさせながら、それでいて「バトルフィールド」らしさは損なわないという抜群のチューニングで好印象を持った。

 今回は64人のコンクエストと、24人のラッシュの都合2回しかプレイできなかったため、歩兵による銃撃戦と、Mark 1による砲撃ぐらいしかまともに戦えておらず、装甲列車に乗り込んで迎え撃ったり、複葉機で爆撃したり、騎兵になって敵陣に突っ込んだりといったギミックはOBTまでお預けとなってしまったが、「バトルフィールド」シリーズ最新作として会心の作品となりそうな「バトルフィールド1」、OBT開始が非常に楽しみだ。

以下省略

ソース:http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1015821.html



待ちきれへんな、オープンβまではBF4でウォーミングアップしとくかw
今ならBF4は700円で購入可能なんで、未購入勢はこの際に買ってみてもいいと思う。


・Battlefield 1 Official Gamescom Gameplay Trailer





楽しみ過ぎるわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

以上!

この記事の後半のダステルボックス()の記事読んでもう関わるのやめてくれと思った。
bycmの捏造工作騒動の件で、こいつがダステルからカステルになったのは間違いないし、もうBFシリーズに関わる事も無いやろうし、関わるなよと思ってたら、まだこいつBFで活動するのかよ・・・やめてくれよなーw
キッズ引き連れて俺より強い奴はチート被害者がまたでるかもしれんからな(ゲス顔

あの騒動、結局有耶無耶にしてるし、いつ決着するんやろうかね(わしは外野やけどなw)






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1580-8f4f833b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック