心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
普通に面白かった>挨拶




レイトショーで値下がり+ガラガラを狙って行くも微妙に混んでて一瞬焦るもいつもの定ポジ座席をゲットした現代侍のK-suk.yです、どーも。


てっきり金曜にレイトショーやってるのかと思ったけど、土曜しかやってなかった。
7/4から公開の原作:桜坂洋先生、主演:トムクルーズのSFアクションAll You Need Is Kill」見てきました。


いや~、SF映画大好きなんですが、やっぱりSFは最高やな!と思いました。
ストーリーも凝っているので飽きない構成になってますし、次の展開が気になって2時間集中しっぱなしでしたw


ざっくりストーリー解説

地球が「ギタイ」という謎の侵略機械軍団によって攻撃されて壊滅寸前
軍の報道官のケイジ少佐(トムクルーズ)は軍の命令で最前線で戦況PRビデオ撮影をしてこいと命令されるも、実践経験0で死にたくないので、拒否って軍から逃亡しようとするも逮捕

結局最前線の基地に送られそのまま戦場へ投入される。
パワードスーツの使い方もわからず戦場でまぐれでギタイ1匹を倒すも相打ちで死んでしまう
次の瞬間、ケイジ少佐の目の前は自分が最前線の基地に送られた直後になっていた、そして戦場に送られ死ぬ。
死んで戻ってを繰り返す内に、自分がタイムループしている事に気づく

途方も無く死んでは戻るを繰り返す内に、偶然、自分と同じようにタイムループ現象を経験した、前の戦いの英雄「リタ」と出会う。
リタからループの事を詳しく聞き、ヘタレ報道官から歴戦の猛者になるべく死んでは戻るの繰り返し修行で最強の兵士となっていく。
敵を倒し間違えたらそこで覚えて死んで修正していく、その過程で敵の親玉と思われる場所を夢?で見る様になり、リタと協力して親玉を破壊しようとするも....!?


という内容になっています。
ループ系SFということで、ちょっと難しいお話なのかなと思う人がいるかもしれませんが、丁寧な説明というか演出になっているのですんなりループしてることがわかります。
また戦争シーンというかアクションシーンはグロっぽい表現は無かったです、抑え目な表現になっているのでSFストーリーに集中できます。
何故ループが起こっているとか、ギタイにどう対処するとか、、、、etc一つ一つ謎を解明していってくれる感じです。
また、死ぬ→戻るの繰り返しで単調な作品なのでは?と思うかもしれんけど、そこはトムクルーズの演技が光る!
シリアスなシーンからのちょっと笑えるシーンを挟んだりと、次どうなるかワクワクしっぱなしなんで単調なんて滅相もないw
あとパワードスーツが既に現実にありそうな感じで、リアルに感じました、凄い!
なんかもう現実でも運用されてたり研究されたりしてるらしいです、そーいう部分も着目してみるのも面白いと思います。


というわけで予告映像とか...

・特報




・予告




・「オール・ユー・ニード・イズ・キル」13分特別映像






BD購入は間違いないですねw
俺もループ能力というかループ経験してみたいですね、どんな感じなんやろうか、気になるw


というわけで、非常によく出来たSF映画で面白いので、見に行った方がいいです!というかみんな行こう!

・公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/

それとオレは原作を読んでない(どんな話か知ってる程度)でしたが全然楽しめましたwwwww

(折りたたみ部分にネタバレ含む考察というか感想)

以上!
まずは敵の解説から
敵は

【親玉】-【隊長】-【兵隊】

という風になっており、親玉と隊長は1匹しかいません、兵隊は全て隊長が動かしています。
名称を入れると

【オメガ】-【アルファ】-【ギタイ】

となります。
一般のギタイは全部botというか自動運転みたいなもんでアルファが全部操ってます。
オメガはアルファに時間を操作する力を与えており(これがループの力)、この力で人類からの攻撃を容易に撃退して優勢に立っている状態です。
もう少し詳しく解説すると、ギタイ側(アルファ)が負けるとオメガが時間を戻し、対策を立てた上で再び戦う事になる(つまりギタイ側は負けた記憶を保持しながら戦うので次にどうなるか等を知っている)
厳密にはタイムループというより、今経験したことを過去の自分に送っているという様なイメージですかね…

ループの原因となっているのが敵(アルファ)の液体を浴びるっていうのが面白いですね。
しかも物凄い確立の低い1体(650万分の1程度?)の固体の液体じゃないとダメとか、ムリゲー並の数字やのに、それをラッキーで浴びたケイジ少佐は凄い。

液体を浴びると自信と融合してタイムループの力を得られます。
言い換えればアルファの持っていた能力がケイジ少佐に移ったということです(ギタイ側はこの能力を失った)

ループ発動条件は自分が死んだ時で、弱点もある。
輸血される(血液を失う)ことによって、得ていた液体がなくなると死んでもループ出来ない点が弱点です。
つまり瀕死で助かったりするとダメ。
映画終盤でも輸血されてしまって、もう死んでもループ出来ない…っていう緊張感が凄かった。

またループ能力を有している間はオメガと繋がっている?ので、オメガの居場所が夢というか幻想というかイメージで視認出来るんですが、実はオメガが偽りの情報を流していてケイジ少佐を罠にかけようとしているという、実に巧妙な敵で凄かった。
アルファはループ能力を失っているのでなんとしてもケイジ少佐を探し出して能力を奪い去り殺す!という様な状況という感じで、ケイジ少佐も自分の能力を使ってなんとか対策してますw

映画のラストシーンというかオチですが、結局オメガの破壊に成功して謎の液体(オメガ本体)を浴びてしまって、今度は逮捕前まで巻き戻ってるんですが、オメガ本体の居た場所は謎のエネルギー波で爆破されている…って一体どういう事や?wwwwwwwwwwwwwww

オメガが時間能力を持っているならオメガを破壊した時点であの能力は失われてると思ったけど、あれはハリウッド展開で奇跡のループが発生したっていう事なんやろうか…
それとも、親玉やと思ってたオメガのさらに上位種がいて実はそいつが敗戦しないために巻き戻したんかなとも思ってしまったwwwww(これは流石に邪推しすぎかwwwwwwwwwwwwww)
もしくはケイジ少佐がオメガの力を引き継いで、リタとの戦いが楽しかったから任意でループしたのか・・・


どちらにしても、終わり方として面白い終わり方だったので、俺としては高評価ですね。
ラストシーンのトムクルーズのニンマリ笑顔にも笑ってしまったw

あと、映画全編を通して、クッソヘタレなケイジ少佐の顔つきが後半になるに連れて歴戦の戦士の顔になっていく所にも注目してほしいですねw

というわけで俺も今からアルファをぶっ倒して液体浴びて、ループ能力をゲットしてくるんで応援よろしく!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/07(月) 15:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1420-a9c5a1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック