心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
まぁ、よかったんじゃないの?>挨拶


おーい、シナチクやらチョン工作のブサヨ共wwwwww息してるか?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ようやくまともな国というか、至極当たり前の権利が使える様な国になったんでいいんじゃないかなとオレは思う。
そもそも隣の国というか、特定アジア地域の動きが非常に怪しいので、そら解釈変更してでも有事には備えておいて損は無いと思う。日本の存亡がかかった時でも相手は待ってくれないんやから、保険という意味合いでも必要だと思う。


・集団的自衛権の行使容認=憲法解釈変更を閣議決定―安保政策、歴史的転換


政府は1日午後、首相官邸で臨時閣議を開き、集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈変更を決定した。自衛隊の海外での武力行使に道を開くもので、「専守防衛」を堅持してきた戦後日本の安全保障政策は歴史的転換点を迎えた。憲法改正によらず、権利を保有していても行使できないとしてきた従来の政府解釈と正反対の結論を導き出した手法も含め、安倍政権は説明責任を問われる。
 安倍晋三首相は閣議決定を受けて記者会見し、集団的自衛権の行使容認の狙いについて「いかなる事態にあっても国民の命と平和な暮らしは守り抜いていく」と説明。日米同盟が強化され、抑止力が高まるとして「戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」と述べた。政府内に法案作成チームを設置し、自衛隊法改正案など関連法案策定作業に直ちに着手する方針を明らかにした。
 憲法解釈変更に関しては「現行憲法の基本的考え方は今回の閣議決定でも何ら変わらない。海外派兵は一般に許されないという従来の原則も全く変わらない」と強調。「日本が戦後一貫して歩んできた平和国家の歩みは変わることはない」とも語った。
 一方、公明党の山口那津男代表は国会内で会見し、自民党との合意を経た閣議決定について「(行使に)厳格な歯止めをかけられた」と評価。「国会審議を通じて国民に趣旨を理解してもらえるよう説明を尽くしていく」と述べた。
 閣議決定の核心は、自衛権発動の要件緩和だ。従来は「わが国に対する急迫不正の侵害の発生」としてきたが、「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃」で、国民の権利が「根底から覆される明白な危険がある場合」は自衛権を発動できると改めた。他に適当な手段がないことと、必要最小限度の実力行使にとどめることとした要件は維持した。 

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000122-jij-pol


巻き込まれる危険があるとか指摘されてるけど(他国が攻撃された場合等)が問題にあがってるけど、それも一応補足というか説明はありましたね。


・「戦争に巻き込まれる恐れ、なくなる」首相、会見で強調


安倍晋三首相は1日夕、憲法解釈を変えて集団的自衛権行使を可能にする閣議決定をしたことを受け、首相官邸で記者会見した。戦後日本の安全保障政策の大転換だが、首相は「武力行使が許されるのは、自衛のための必要最低限度。従来の憲法解釈の基本的な考え方は何ら変わるところはない」と強調した。


集団的自衛権を使えば、密接な関係にある他国が攻撃された場合に武力を使って反撃できるようになるが、首相は「外国を守るために日本が戦争に巻き込まれるという誤解がある。しかし、そのようなこともありえない。憲法が許すのは、あくまで我が国の存立を全うし国民を守るための自衛の措置だけだ。外国の防衛それ自体を目的とする武力行使は今後とも行わない。今回の閣議決定によって、日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」と強調した。

 また、首相は「閣議決定をふまえ、関連法案の作成チームを立ち上げ、直ちに作業を開始したい。準備ができ次第、国会に法案を提出し、ご審議いただきたい」と述べ、国会審議などで国民の理解を得たいとの意向を示した。


ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000030-asahi-pol

という事らしいので、本来国が持つべき「自衛という権利」があるという事を胸を張って言えるのは間違いないですね(まだ小声でしか言えない現状ですがwwww
小さな一歩やと思うけど、これでいいと思う。

ただ強いて言うなら、大多数の国民は集団的自衛権そのものがイマイチピーンときてないというか誤解?(戦争直結w)が大多数だと思うんで、国は改めて集団的自衛権の説明やら、プラス面の説明を(もちろん、万が一に発生するマイナス面も含めて)説明して、理解を得る努力はしてほしいですね。
つまる所、もっと解説が欲しいw無論、これは説明の義務が安倍内閣にあると思う。

そして、今回の一件で日本の脅威に対する「抑止力」にもなるので、名指しで言いますが中国や韓国、北朝鮮に対して、もっと物が言える様になったんで、よかったと思いますね。

というわけで、今後はTV番組でも集団的自衛権特集をいっぱいやると思うんで、今回の機会に「日本の自衛」「日本国民の平和」という部分を意識して各自の中で考えてほしいな~と思う。
日本に住んでる日本人なら当たり前だと思うのですが目の前にある危機に対して何もしないのか、保険をかけておくのか、考えればすぐわかることですがw


あ、そうそう…
中国韓国北朝鮮が攻めてきたとか戦争になったとしても、ブサヨの方々の9条ビーム()とかで戦争にならないらしいしwwwwwwwwwwwwww特ア地域は平和の国らしいんでwwwwwwww喜んで肉壁になると思うんで、最前線に配置したらいいと思うwwwwwwwwwwww
いっその事、ブサヨ脳の方々は中国も9条導入したらって勧めてみたら?wwwwwwwwwwwwwwww
ニホンガーニホンガー言う前に隣の国に言えやwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

というわけで、俺の総括としては

・やっとまともな国になりつつある
・集団的自衛権のそものの説明と解釈変更の結果の詳しい説明(メリットデメリットの説明)
・今回も左翼脳の方々はイミフ言動珍行動だった

という感じです。

以上!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1417-61bcb4c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック