心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
これで声ありファイル編集開始出来ます>挨拶




タイトル通り。
去年、年末にエイリが家に来た時に対戦した数々の試合のうちの1つのFFTの動画の編集が終わりました。
特に盛上がりポイントとか無いのですが、まぁ一応完成したんでね。

それと気づいた点が1点。
youtubeの1ファイルの限界時間が15分以上おkになってた!
そんな重要な改定したならメールで告知してこいよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

何分のファイルまでおkになったかはわかりませんが、これで15分毎に動画を編集する必要が無さそうです。


まぁFFT編集終わった時点での情報だったので、今回は15分で切ったよん。
俺の軍団は、WA旅団(ワイルドアームズ、またはダブルエー)
エイリ軍団は、聖骨宇宙連合(俺が勝手に命名した)←本人の知らない所で突然この動画で名づけた


動画2つ↓



・20101230@FFTで対決その1





・20101230@FFTで対決その2







圧勝でした。



その一言に尽きますw
まぁLv差がありすぎたってのもありますが、エイリのパーティー編成が何を狙ったものかわからず、結果空中分解していったなーと感じた。
このゲームはビビったら負け、各個撃破しつつ距離詰めて誘い出すのがベストかなと思ってます。
エイリが見事に策にハマってくれてよかったです。
唯一の汚点は算術を甘くみていた、シェリルが算術で沈みかけてたし、魔法攻撃対策が今後の課題になりそうです。
一応黒魔道士で白覚えてるからいけると思うけどステータス異常でこられてたら危なかったなw


さらっと旅団紹介

・K-suk.y
俺。暗黒騎士目指してたけど、機動力+スピードを求められたので忍者に。
スピードを上げる装備を全身に身に付けて手数で押し切るイメージ
ヘイストしてるキャラより早く動ける場合もある。
近接で一撃で沈むリスクもあるので、投げるで減らして確実に近づき仕留める。

完全に邪気眼中二病患者、イヴァリースの歴史に名を刻もうと目論んだ
自分もさもFFTの世界にしれっと居ようと思った結果がこれだよwwwwwwwwwwwwwwww

・ラムザ
暗黒騎士。見習い戦士にするか迷ったけど威力安定で暗黒騎士に。
エクスカリバーでヘイスト効果あげつつ、暗黒で近寄るキャラを牽制or忍者の投げるからの追撃。


・竜騎士
エスカッション両手持ちで威力安定、ジャンプでも高威力。
槍のリーチ生かして中距離戦意識。前衛のアシストしながら後列の防御役。
チャクラなどで回復能力つけて前衛のピンチの時でも耐えれます。
欠点はスピードが遅い。


・黒魔道士
装備は極力魔力ATK上がる装備で固めました。
保険に白魔法のアビリティも付けました。
この魔道士は銃装備のアビリティーをつけて、魔法が即発射可能状態にあるということ。
普通の銃ではなく魔銃装備で魔法発射します(威力は魔法ATK依存)
銃のリーチがだいぶ長いので普通の魔法攻撃よりリーチが長い。
欠点は混戦ではちょっと銃がいかしづらいという事(味方誤射ありうる)
けど、その場合は普通に黒魔法発動すればいいだけやけどねwwww
後衛キャラで一番後ろに位置したいです。


・風水士
銀河の妖精
風水の威力は魔力ATK依存なので装備は全て魔力が上がる物。
魔力強化の風水の威力は凄まじいです、リーチもあるし。
さらに剣装備しインファト可能でシェリルはシェリルなのでサブアビリティに踊る入れてます。
前3人に壁を貼ってもらい、中盤後ろ目で黒魔道士カバー出来る位置から踊りで支援する形。
ラッシュの場合も遠くから風水で援護、アクセにヘイスト付けて踊りの頻度を増す!
これぞ銀河の妖精ですね。




と、いうメンツで挑みました。
こんな邪気眼メンバー相手にしたエイリワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


試合後エイリが戦意喪失してましたwwwwwwww次回の対戦はもうきっとないですねハイ。



とりあえずFFTの動画は編集終わったので次は
3rd、JOJO、ブシドーブレード、メルブラと編集残ってますんで、地味にゆっくりやっていきます。
編集終了予定は2月末、その頃には編集終わってあとはようつべに上げるだけの状態にしておきたいですね。

でわでわ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://7samurai.blog20.fc2.com/tb.php/1083-085bb3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック