心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
10連休最後に爆弾きたなwwwwwwwwwww>挨拶




えー、時刻は現在5/7の午前2時過ぎ、今年のGWは10連休で、各々それぞれストーリーがあったと思う。
わしも10連休は大いに楽しみました。

10連休の動向は簡易にまとめて別個記事にするとして、平穏に終わると思われた10連休、最期の最期に爆弾きたなって感じでw
(チョンのミサイルは今回は省くとしてって事で…w)


------------------

・トランプ氏、対中関税の引き上げを表明 米株価が下落


(CNN) トランプ米大統領は5日、中国からの2000億ドル(約22兆円)分の輸入品に課す追加関税を、現在の10%から10日以降は25%に引き上げると表明した。

トランプ氏はツイッターへの書き込みで、残りの中国製品すべてについても近く25%の制裁関税を課すと予告した。

米中間では昨年来の貿易協議が大詰めを迎え、8日には中国から劉鶴(リウホー)副首相率いる大規模な交渉チームがワシントン入りする予定。トランプ氏のツイートには、交渉の最終局面に向けて中国への圧力を強める狙いがあるとみられる。

これを受けて米株式市場では、5日夜の時間外取引でダウ先物が400ポイント以上、ナスダックも100ポイント以上下落した。週明けの取引への影響が懸念される。

トランプ政権は今年初め、中国との貿易協議で3月1日までに合意が成立しなければ制裁関税を引き上げるとの方針を示していたが、期限直前にこの措置を無期限に先送りすると発表した。

トランプ氏は3日、ホワイトハウスでの会見で対中交渉は順調に進んでいると強調し、「歴史的な合意」が近付いていると述べたばかりだった。しかし5日のツイートでは、交渉の進展が「遅すぎる」と不満を示し、中国側が再交渉を試みているせいだと非難した。


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-35136529-cnn-int

--------------------------------


(ノ∀`)アチャー


って言うても、これはわしの中では想定内でした。
前々からこの関税の件にはブログでも触れてたし、よもや資産ロックされる10連休で自分でコントロール出来るリスク量を越えてリスクオンしてた人は流石におらんとは思うけど…
5/10からかぁ…意外とすぐやなぁという印象やなwwwww


で、こうなると今日の朝の東京市場というか日経気になるよなw
10連休で止まってた所に、10連休前からシナリオこさえてたかの如く爆弾落とす結果で、色々と波乱を呼ぶ展開になるのは想像つくと思う。


-------------------------

・米制裁関税上げ、中国・アジア市場動揺…東京へ影響懸念

 【北京=小川直樹】トランプ米大統領が中国製品に対する制裁関税の引き上げを表明したことを受け、中国の金融市場に動揺が広がった。6日の上海株式市場は急落し、上海外国為替市場では人民元安が進んだ。10連休明けの7日の東京市場への影響が懸念される。

 上海株式市場では、米中貿易摩擦に対する懸念が再燃し、朝方から幅広い銘柄で売り注文が膨らんだ。全体の値動きを示す上海総合指数の終値は、前営業日(4月30日)比5・58%安の2906・46ポイントだった。2月下旬以来、約2か月ぶりの安値水準で、1日の下落率としては2016年2月以来、約3年ぶりの大きさだった。

 6日の上海外国為替市場の人民元相場は午後4時半、前営業日(午後4時半)比0・4%元安・ドル高の1ドル=6・7666元で大方の取引を終えた。2月中旬以来、約2か月半ぶりの元安水準をつけた。

 影響はアジアの株式市場にも広がり、香港やシンガポール、インドなどの主要株価指数が軒並み下落した。



ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00050067-yom-bus_all

-----------------------

開いてる市場ですら影響受けてるし、マジで今日の東京は色々あると思うわ。
(主な影響は中国やけど、その中心と関係があるアジア各国は少なからず全て影響あると思う)

仕掛けた?という表現もおかしいけど、制裁課した方もダメージ受けてるしなw


---------------------

・NY株、一時470ドル超安 米中摩擦の激化警戒

 【ニューヨーク共同】週明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トランプ米大統領による対中関税引き上げ表明を受け、米中貿易摩擦の激化に対する警戒感から急落し、前週末からの下げ幅が一時470ドルを超えた。

 午前10時現在は前週末比300.55ドル安の2万6204.40ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は114.15ポイント安の8049.85。

 トランプ氏が5日、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)分への追加関税率を10%から25%に引き上げると表明。貿易摩擦の激化が世界経済に悪影響を及ぼすとの懸念が再燃し、売り注文が広がった。


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000107-kyodonews-bus_all

------------------------


まぁつまる所、この一連の流れは全て「いつものトランプ劇場」って言う言葉で片付いてしまうのも事実な訳で・・・w
合意近いで~→やっぱ無し!とかはもう何回も見てるしな。

ダウ単体で見れば、だいーーーぶ高い位置にいるし、この前まで強かったから、この流れで1回利確で利食って底でスタートしたっていう印象受けました
(※ダウ自体は今書いてる段階で-400から-200程度まで戻してる)
他にもセルインメイの信仰もあったと思うわw


こーいう状況踏まえて今後の日本と日本市場を見るにちょっと厳しい感じもするな。
考えすぎも良くないけど、やっぱり鍵は日米貿易協議が【FTA】なんか【TAG】なんかなぁ…
ここで躓くと日本もアメリカに色々難癖つけられて不利な展開になるし、そうなると東京市場は厳しいやろうし、こと輸出主力の日本にとってはダメージでかいはず...
米中の激化でアメリカに関税課せられた中国の経済見れば、パニック具合とダメージ具合がわかると思う、日本も喰らえばある程度のダメージは覚悟というか、そういう展開もあるという意識は必要やなってw



って考えるとあんまり10連休前と状況変わってないなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



あくまでこれはありえるストーリーの一端に過ぎひんし、上手くいく兆候あればまた別の展開はあるやろうし、今日からはいつも以上に情報の分析と予測に力入れんとあかんな。
日米貿易の本番が6月と見据えるとまだまだ色々起こりそうやしな!要注意でいきます。


そして最後に…(まとめ的な)
今回もトランプ劇場と割切るとまた急展開で関税なし!ってな事もありえるし、5/8の中国側の出方次第やろうな
日経に関しては…今から寝るけど朝起きたらぎゃあああああああな展開は…覚悟してるけど無い事を祈るww
もちろん日中の日経に爆弾もやめてなw




今回の流れがちょっと難解でよくわからんという人は、だいたいのイメージやが、、、
魔界の覇権をかけた魔界統一トーナメントで、トランプとシュウキンペーが覇権争ってる状況やな、魔界三大勢力みたいなw
そこに安倍総理が比較的味方陣営やと思われてたトランプと話し合いで戦おうとしてたり、反トランプ派気味のEUが仲間を募ってたりしてる感じ…
魔界統一トーナメントの優勝者は誰になるんやろうな…え?争いは迷惑やわって?
わしもそう思うw


以上w
スポンサーサイト