心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
血便気味でした>挨拶



EU離脱不可避やったのう。


・英、EU離脱へ=欧州分裂、大きな岐路に―残留派に僅差で勝利・国民投票


【ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票は、23日午後10時(日本時間24日午前6時)から全国382カ所の開票所で開票作業が行われ、BBC放送によれば、離脱支持票が僅差で残留支持を上回り、過半数に達する見通しとなった。

1973年に前身の欧州共同体(EC)参加以来、43年にわたる英国のEU加盟に終止符が打たれる。域内2位の経済大国である英国の離脱で欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。また世界経済に大きな混乱を招くのは必至だ。

 この直撃を受けた東京外国為替市場は大混乱に陥り、「安全資産」とされる円に投資家の資金が逃避。一時1ドル=100円を突破した。英ポンドは売りが売りを呼ぶ暴落状態となった。日経平均株価も一時1300円を超えて暴落した。

 開票状況は24日早朝(同午後)現在、370地区の開票所の結果が判明し、離脱支持は51・7%(1652万7182票)で、残留支持は48・3%(1545万6908票)。離脱派を主導した英独立党(UKIP)のファラージュ党首は離脱派の勝利確実を受け、「6月23日を独立記念日にしよう」と歓喜の声を上げた。

 当面の焦点は残留派を率いたキャメロン首相の進退となる。首相は離脱となっても辞任しないと明言していたが、自ら実施した国民投票で屈辱的な敗北を喫した以上、首相の座にとどまるのは困難との見方が強い。

 イングランドの地方部で予想以上に離脱派が強く、注目区だった中部サンダーランドでも離脱派61%、残留派39%で大差となった。残留派はロンドン、リバプール、マンチェスターなど大都市部やスコットランドで強みを見せた。残留派の女性下院議員ジョー・コックス氏が殺害された事件が残留支持を後押しする可能性も指摘されたが、伸び悩んだ。

 今回の国民投票は、キャメロン首相が2013年、次期総選挙に勝利した場合に実施すると公約。昨年の総選挙で勝利し、今年2月のEU首脳会議でEU改革案に合意したことを受け、首相は残留支持を表明し投票に臨んだ。

 残留派は「離脱は英経済に大打撃となる」と主張。離脱派は、域内の移動の自由の原則により流入するEU諸国からの移民の脅威を強調した。運動期間を通じて、双方の支持率は最後まで拮抗(きっこう)する接戦が続いた。イングランド労働者階級の移民増加への反発の大きさを残留派が見誤った可能性がある。投票率は昨年5月の総選挙を超える72.2%で国民の関心の高さを示した。 


ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000071-jij-eurp

となると、当然ながら・・・↓


・キャメロン英首相が辞意表明 EU離脱多数受け


イギリスのキャメロン首相は、日本時間の午後4時すぎに声明を発表し、EU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票で離脱派が勝利し、みずからが支持した残留派が敗れたことを受けて「新しい指導者が必要だ」と述べ、辞意を表明しました。ただ今後3か月は首相職にとどまり、来週のEU首脳会議には出席して今回の国民投票の結果についてみずから説明すると述べました。また、キャメロン首相は、「イギリス国民の意思は尊重されるべきだ」と述べ、国民が選択したEUからの離脱を確実に遂行すべきだという考えを示しました。そしてEUからの離脱に向けた交渉は新しい首相に任せるべきだとして、ことし10月の保守党の大会までに新たな首相を決めるべきだという考えを示しました。


ソース:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160624/k10010570321000.html


ってなるわけで・・・

日本もモロに影響受けるし、この微妙な数字のほぼ半々っていうのは、今後のイギリスの混乱になるんやろうなぁと思う。
まさしく「国民を二分する」に値するまんまやしなw


そんな中!・・・

今日うんこして拭いたら、割と赤めにドバーッっと拭いた紙が赤かったんで一応念のために病院行ってきた。
おそらく肛門のすぐ内側が切れたんやと思うw(黒い便でもないし、すぐそこでベターとねっちょりついた感じの赤みをおびてました)

で、まさかの痔の薬っちゅーか座薬処方されて終わりかなと思ったら、一応触診して機械入れてみます的な流れになって、わしの恐怖MAXのまま流れるがままに肛門に指やら機械やら入れられたwwwwww
結果としてキレ痔やらイボ痔やらが中にあって、今回の出血はおそらくそれでしょうという事になった。
そういえば前日にクソ硬コンクリ並のウンコ一粒をおもっくそ力んで放出した後、肛門付近が熱い金属棒つっこまれた様な熱く痛い感じあったんで、その時に損傷しちゃったんじゃないかという見方みたい。

ただ出血がちょっとヌメってた感じ(拭いたウンコ自体がちょっと赤みがあったので)やったんで、念の為に腸カメラしときましょうかっていう流れになって、座薬で肛門の傷治ったら、腸カメラすることになったわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwhat'swwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

おそらく7月上旬にやることになりそうなんやけど、今日、肛門を触診されただけでギブアップ気味やった俺が果たして、カメラを突うズルって(CV:変態糞土方)みたいに、カメラを入れられる事に耐えられるかと言うと恐らく結論から言うと耐えられないやろうなw
痔やと思うけどせっかくの機会なんで、やっておこうかという流れでそうなりました。


結局何が言いたかったと言うとEU離脱決定の一報は、わしが始めて他人様(お医者様)に肛門穿り回された日として永遠に刻み込まれるやろうというとやし、絶対忘れられない日になったわw
一日2回も座薬刺すのもきついwwww俺氏、自分の肛門に薬とか刺したことも突っ込んだこともないし、今日風呂上りに10分ほど孤軍奮闘してやっさもっさでいれたけど、これが一週間以上(痛みなくなればおk)続くと思うと、憂鬱になるわ。


イギリスEU離脱日がわしの肛門ズボーの日って所で一人受けたという日でしたw
カメラの日は決まり次第、またブログでいかにわしが耐えられない、かつ、過去最高にビビってるという事を書きなぐりたいと思うわw

以上!
スポンサーサイト