心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
エロイムエッサイム!エロイムエッサイム!>挨拶







さぁ!バランガバランガしてる今日のお昼に速報で流れてきてビックリした。
水木しげる大先生が亡くなったそうで・・・

ご冥福をお祈りします。


・「ゲゲゲの鬼太郎」水木しげるさん 多臓器不全で死去 93歳


「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家の水木しげる(みずき・しげる、本名武良茂=むら・しげる)さんが30日午前7時18分、多臓器不全で東京都内の病院で死去した。93歳だった。鳥取県出身。


水木さんは11日に東京都調布市の自宅で転倒。頭部を強く打ち、入院していた。葬儀は近親者で行い、後日、お別れの会を開く。喪主は妻の武良布枝(むら・ぬのえ)さん。

 高等小学校卒業後、漫画家をめざし、大阪で働きながら漫画を学び、戦争中は陸軍の兵隊としてニューギニア方面に出征。戦後は一時紙芝居を商売にしていた時代があった。

 1958年に貸本漫画家としてデビュー。「河童の三平」「悪魔くん」などを発表し、「ゲゲゲの鬼太郎」が「週刊少年マガジン」に連載され、妖怪を扱う人気漫画家となり、テレビアニメ化されてからは妖怪ブームが巻き起こった。

 幼少時に妖怪の話を教えてくれた老婦人との交流を描いた自伝的なエッセー「のんのんばあとオレ」(後に漫画化)や「水木しげる 妖怪大画報」のほか、「総員玉砕せよ!」「娘に語るお父さんの戦記」など、戦傷で左腕を失った自らの戦争体験に根差した作品も多い。

 幼少期を過ごした鳥取県境港市には愛着があり、93年には「水木しげるロード」が設けられ、03年には「水木しげる記念館」が建てられた。10年には妻の布枝さんが書いた「ゲゲゲの女房」がNHK連続テレビ小説として放映され、その生きざまが共感を呼んだ。91年に紫綬褒章、03年には旭日小綬章を受章。10年文化功労者。


ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000105-spnannex-ent


水木先生は戦争を経験してクレイジーな道を歩んできてるだけあって、なかなか伝説というか凄い名言というか心に響く言葉やらが多いです、多過ぎなんでそこは個人で調べて下さいwいいお話は名言がいっぱいあります。
水木先生の半生とか名言はゲゲゲの女房見れば、けっこうわかると思うし、この朝ドラは普通に面白いです、オススメです。二人っこ以来のオススメw

そして水木先生が日本の文化に「妖怪」というものを完全に根付かせた人物で間違いないと思うし、その功績は大きい!凄過ぎる!
鬼太郎が無ければその後の妖怪カルチャーなんて無かったと思うし、妖怪をベースとした作品もきっと存在していなかったはず。
それぐらい後世に与えた影響は大きいし、偉大な大先生であったことは間違いないですね。


ちなみに今日のNHKでこんな妖怪が信じてもらえるのは日本が平和だからっていう内容の先生のコメントがこれまた凄い言葉やなぁと思いました。


あと、水木先生といえば「ゲゲゲの鬼太郎」が有名ですが、僕個人としては「悪魔くん」のイメージの方が強いですね。
メフィスト二世と百目とこうもり猫が結構好きでした、作品としても面白かったです。
子供時代に見てたけど、おどろおどろしくもあり不思議なストーリーやったなーとw


・悪魔くん OP




やっぱりこのエロイムエッサイムが強烈なイメージある曲で好きですね。
エロイムエッサイム、我は求め訴えたり!は今でも実生活で十分使ってますけどね(中二病末期患者感)



・悪魔くん ED



不遇のこうもり猫w

さらに個人的にもう少し語ると基本的に鬼太郎は日本古来の妖怪ベースですが、悪魔くんは古今東西いろんなもん出てくるから楽しめますね。
鬼太郎も鬼太郎で日本古来の妖怪の楽しさがあり奥行きのある深さが楽しめますが、僕は世界中のが集結してるオムニバス感が好きだったのでやっぱり悪魔くん派ですね(鬼太郎の一旦木綿は大好きですけどねw)


というわけで、ご冥福を祈ります。

がっ、水木先生の人柄とイメージで言うと、妖怪の世界に行ったとか、向こうで執筆してるとかそういうイメージしかないですねw
(もちろん良い意味で)
あっちで元気にやってるはず。

水木先生、数々の妖怪をありがとう!


以上。
[水木先生、妖怪の世界に旅立ったか・・・]の続きを読む
スポンサーサイト