心の中のみ武士の志!を原則に現代侍となった私のヘタレな生き様を記録し晒している日記です。
ハミルトン強いなー>挨拶









F1、必死で見ました。
生憎の天候はで、視界が悪く、大荒れな試合展開で、予測不可能な展開で、物凄く面白かったです。


激しいクラッシュもありましたが、ケガがなくて何よりです。



・F1のレポ

サーキットは朝から雨が降り続き、路面には水が溜まっている。気温17℃、路面温度22℃のウェットコンディション。
 
 スターティンググリッドには変更があった。エンジン交換を行なったウィリアムズのニコ・ロズベルグが、10グリッド降格のペナルティで16番グリッドへ。また、トーロ・ロッソのビタントニオ・リウッツィはピットスタートを選んでいる。
 
 雨のため、決勝はセーフティカーの先導でスタートすることとなった。全マシンがエクストリームウェザータイヤの装着を義務づけられていたが、フェラーリは事前にこのルールを承知しておらず、通常のウェットタイヤを履いていた。このためセーフティカー誘導中の2周目と3周目に、フェリペ・マッサ、キミ・ライッコネンがそれぞれピットに戻り、エクストリームウェットタイヤへの交換、給油を行なうも、20番手、21番手と大幅に順位を落としてしまう。また、レース序盤、スピンした後にBMWザウバーのニック・ハイドフェルドをかわしたとして、F.マッサはピットレーンのドライブスルーペナルティーを受ける。
 
 レースは残り47周のところで再開。しかしすぐにウィリアムズのアレクサンダー・ブルツがスピンを喫し、F.マッサと接触したため、イエローフラッグが振られる。上位3台は、マクラーレンのルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソ、トーロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルに。23周目、SUPER AGURIの佐藤琢磨がピットストップを行なうと、給油口から炎が吹き上がる。幸い火は消え、佐藤はコースへ復帰。順位を落としていたK.ライッコネンは、後方から10番手まで追い上げる。28周目以降にL.ハミルトン、F.アロンソがピットへ向かい、トーロ・ロッソのS.ベッテルが自身初のラップリーダーとなる。
 
 マクラーレンが第2スティントに入ると、3番手でコースに戻ったL.ハミルトンとBMWザウバーのロバート・クビサが接触。両者に大きなダメージはなかったが、今度はF.アロンソとS.ベッテルにも接触があり、この隙にS.ベッテル、K.ライッコネンがF.アロンソの前に出る。F.アロンソはマシンを破損するも、走行を続けていく。それまでピットストップを行なっていなかったマシンがピットに向かうと、L.ハミルトンがトップに復帰。K.ライッコネンは再度のピットストップを行なったため、またしても順位を落としポイント圏外へ。
 
 しかし残り25周目、F.アロンソがヘアピン手前で単独でウォールにクラッシュ。破片が飛び散り、再度のセーフティカー導入となる。F.アロンソは17戦ぶりのリタイア、ノーポイントに終わり、タイトル争いに遅れをとることとなった。ピットロードがオープンとなり、各マシンがピットストップを済ませていく。上位はL.ハミルトン、レッドブルのマーク・ウェーバー、S.ベッテルに。ところが残り21周目、M.ウェーバーと初の表彰台圏内につけていたS.ベッテルが接触し、両者リタイアした。
 
 49周目にレースが再開され、トップのL.ハミルトンは一気に後続を引き離していく。2番手ルノーのH.コバライネン、3番手F.マッサ、4番手レッドブルのデビッド・クルサード。K.ライッコネンはBMWザウバーのニック・ハイドフェルドらをかわし、5番手まで浮上。さらにD.クルサードをもオーバーテイクし、4番手でチームメイトの背後につく。ここでF.マッサが最後のピットイン。K.ライッコネンは3番手となり、前方のH.コバライネンに迫っていく。また、F.マッサも残り少ない周回で追い上げを見せる。
 
 L.ハミルトンは十分なギャップを築き、大波乱のレースでポール・トゥ・ウィン。ハンガリーGP以来4戦ぶりの勝利で、1996年のジャック・ビルヌーブ(ウィリアムズ)に並ぶ新人最多のシーズン4勝目を挙げ、ドライバーズタイトル獲得に大きな一歩を踏み出した。マクラーレンは、イタリアGP以来2戦ぶり今季8勝目。
 
 初の表彰台がかかるH.コバライネンは、K.ライッコネンの猛追を抑え2位。ルノーにとっても今季初の表彰台をもたらした。K.ライッコネンはわずかに届かず、3位でチェッカーを受けた。また、ファイナルラップでF.マッサとR.クビサが激しい6番手争いを演じ、チェッカー直前にF.マッサがR.クビサをオーバーテイクしている。
 
 入賞圏内は、4位レッドブルのD.クルサード、5位ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、6位フェラーリのF.マッサ、7位BMWザウバーのR.クビサ、8位トーロ・ロッソのビタントニオ・リウッツィ。V.リウッツィは自身とチームに今季初のポイントをもたらした。
 
 F.アロンソがリタイアに終わったため、ドライバーズランキングでL.ハミルトンと2位のF.アロンソの差は12ポイントとなり、次戦中国GPにもL.ハミルトンが初タイトルを決める可能性が出てきた。ランキング3位のK.ライッコネンもL.ハミルトンから17ポイント差と、わずかながらタイトル獲得の可能性を残している。
 
 母国グランプリに臨んだ日本勢だが、Hondaのルーベンス・バリチェッロの10位が最高位で、以降はジェンソン・バトン11位、スパイカーの山本左近が自己最高の12位、トヨタのヤルノ・トゥルーリ13位、SUPER AGURIの佐藤琢磨が15位でそれぞれ完走し、トヨタのラルフ・シューマッハ、SUPER AGURIのアンソニー・デビッドソンはリタイアに終わっている



ソース:http://sports.yahoo.co.jp/f1/2007/japan/0930/result07.html



そして、試合の面白さとは別に、色々カオスな事があったみたいですね。。。。。


こことか参照して下さい
http://f12007japangp.tumblr.com/


他にも、2chの現地観戦組の声で、トイレの数が足りずトイレに長蛇の列が出来、我慢し切れなかった人続出で、男も女も野グソ祭りと報告されてます。
さらに、弁当が1個1万円するそうです。。。。。


以下引用↓

おおまかな説明
F1日本GP予選終了後、6時間もサーキットから退出できないものが続出
今回はチケット&ライド方式のため、全ての客がバスでサーキット入りしている。そのため徒歩での浸入すら不可
理由はトヨタの整備不足によりサーキットの敷地内で渋滞が発生したため。それに相まって道路陥没(これもトヨタの手抜きが原因)
決勝当日
レース終了前に出てきた客すら1時間待ちという地獄の状況
トイレの数が圧倒的に足りない上に、雨と寒さで客の腹がぴぴるぴ~。バスの中で漏らした奴がいるとの情報や、野糞などの情報が錯綜
スレにトヨタ工作員とアンチトヨタ、スカトロマニアなどが集まってわけの分からない状況に
モタスポ板の本スレでは生理で女性が血まみれになってるという情報
予選日の観客は9万人、決勝(今日)は14万人なので、予選日のことを考えれば日付越えも十分ありえると・・・



って言う事らしいのですが、真偽の程はまだわかりません。




ただ!
応援の旗の取り付けが禁止されてるにもかかわらず、トヨタの関係者がこぞってそれを破ったとか…↓


炎上中のお祭り会場:http://www.toyota-f1.com/public/jp/livereport/index.php



とりあえず、F1レーサー、並びに現地に応援に行った人たち、お疲れ様でした。
次回のレースに期待します!!!

スポンサーサイト